10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

England's Georgia Stanway, left, and Germany's Sara Däbritz.

アンソニー・ジョシュアはオレクサンドル・ウシクを破った後、涙を流した

ウシェクは、再戦で勝ったものの、スリリングな 12 ラウンドのコンテストでチャンピオンを倒すことができなかった英国のジョシュアを破って、WBA、WBO、IBF、IBO のヘビー級タイトルを保持しました。

ジョシュアさんは記者団に対し、「自分を誇りに思っているとは言い難い。心の底では本当に動揺している」と語った。

「私は別のテクニックを試しました…前回の戦いではボクサーとして戦いたかったのですが、それは十分ではなく、今夜も十分ではありませんでした.」

ジョシュアは最後のベルの後、リングから出る前に 2 つのウシックのベルトを投げましたが、後で戻ってきて熱烈なスピーチをしました。

「心から物事を行おうとすると、誰もが理解してくれるわけではありません」とジョシュアは説明しました. 「それは心からだけだった。自分自身に腹を立てていることはわかっていた。誰にでもなく、自分自身だけに。自分が狂っているからここに来たような気がした」

「怒っていると、愚かなことをするかもしれません。それから、これがスポーツだと気づきました。私は戻って正しいことをしました。」

ジョシュアのプロモーターであるエディ・ハーンは、昨年からウシェクと戦ってきた 32 歳のジョシュアの引退が間近に迫っているという憶測を一蹴した。

ジョシュアは言いました。

READ  2022年NCAAベースボールアーチ:男子大学世界選手権の結果、スケジュール