12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アルビニスタについてこれ以上質問するのは気が進まない、ラウジングは明らかにする

モリスとアルビニスタがアークに勝利 (focusonracing.com)

オーナーのキルステン・ラウジングは、アークの勝者がジャパンカップで別れを告げることの賛否両論を「検討中」です。 アルピニスタ.

5 歳の彼は、10 月初旬のパリロンシャンのハイライトでバテニを半分の差で抑え、グループ 1 レベルで 6 回の 8 回目の勝利を収めました。

Rousing とトレーナーの Mark Prescott 卿が 11 月 27 日に東京で最後のサイコロを振ることを決定した場合、有名な Grey が再び帰国した場合、300 万ドルのボーナスが手に入る可能性があります。

しかし、Rousing は彼女のスター コルトが日本でチャートのトップになると考えていますが、長い旅と「彼女にもっと尋ねる」ことへの抵抗が興奮を煽っています。

彼女は言った:「もし彼女がそこに行けば、彼女はその見た目で勝ちます。彼女は他の何よりも評価が高いです。彼女は過去数年間にそこに行ったどのヨーロッパ人よりも10ポンド高いと評価されていますが、ここでもヨーロッパ人はそこで勝っていません。しばらく。”

「彼女はそこで会える仲間に感謝するだろうし、あらゆる既知の形で、彼女は成功するだろう.

「しかし、考慮すべき要素は他にもたくさんあります。非常に長い旅には、フランクフルトでの再搭乗が必要です。直行便だったという印象を受けましたが、フランクフルト空港で少なくとも 6 時間過ごす必要があります。 、これは非常に長い旅をさらに長くします。

「彼女は現在、世界チャンピオンの年配の牝馬です。勝っても負けても、日本では彼女に勝るものは見当たりませんし、どの牝馬や牝馬がブリーダーズカップで優勝しても、アルビニスタよりも高い評価を得ているとは思えません。

「彼女の評判はその観点からすでに存在しています。彼女はすでに世界チャンピオンです。彼女は 10 レースで優勝し、G1 レースで 6 勝しています。彼女は非常に寛大で、常に勇敢で、献身的です。私は彼女に何でも尋ねることを躊躇しません。彼女はよくやった、彼女は私たち全員にとてもよくしてくれた.

「サー・マークは日本に行きたがっていると思います。」

Albinista は今年後半に Racing の繁殖牝馬バンドに加わる予定であり、所有者は証明するものは何も残っていないと考えています。

彼は次のように付け加えた:「彼は世界最高の選手(アーク)を倒し、昨年の優勝者(トルクアター・タッソ)を倒した。彼のフォームはうまく機能し、バデニで優勝した.ヨーロッパ.

「ですから、彼女には証明できることはほとんどありません。私は彼女と彼女の背後にいるチームにとても感謝しています。個人的には、私たちと同じようにとても幸せです.」

READ  日本日経利益は予約に落ちる