12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アラムコは、日本と韓国との水素交渉が進んでいると述べた

アラムコは、日本と韓国との水素交渉が進んでいると述べた。

サウジアラムコは、今後 5 年間でブルー水素をアジアに供給するための交渉を進めている、と同社の最高技術責任者は述べた。

アフマド・アル・カワイル エジプトで開催された COP27 気候会議でのインタビューで、彼は次のように述べています。

私たちは複数のプレイヤーと積極的に話し合いを行っています。

「韓国と日本は議論が最も進んでいないと思います。」

世界最大の石油会社は、ブルー水素の主要な輸出国になりたいと考えています。 燃料は、クリーン エネルギーへの移行にとって重要であると考えられています。 これは、天然ガスを変換し、その過程で放出される二酸化炭素を回収することによって行われます。

Al-Khowaiter 氏によると、アラムコはブルー水素に「数十億ドル」を費やしているという。 2027年に輸出を開始することを目指している – 主にアンモニアの形で、輸送を容易にするために水素がしばしば置き換えられる – 彼は言った。 これまでのところ、アラムコはテスト貨物のみを出荷しています。

アラムコの青い水素のガスのほとんどは、サウジアラビアの大規模なザフラ油田から来ています。 同社は、開発に1,000億ドル以上を費やすと述べています。

近隣の主要なエネルギー生産国である UAE は、ブルー水素に投資し、アジアへの輸出を検討しています。 ATNAC は、日本の三井物産や韓国の GS Energy などの発電会社と交渉中です。

Al-Kowair によると、アラムコは主にブルー水素に焦点を当てますが、先月発表した 15 億ドルの持続可能性基金を通じてさまざまな燃料に投資する予定です。 太陽光発電と風力発電を使用して水分子を分解すると、グリーン水素が生成され、炭素排出量がゼロになります。

青と緑の水素を大量生産する技術はまだ証明されていません。 しかし、BloombergNEF によると、メーカーがコストを抑えることができれば、市場は 2050 年までに年間 7,000 億ドルに達する可能性があります。

「ブルー水素は非常に競争力があるため、当社の投資のほとんどはブルー水素に向けられます」と Al-Kowaiter 氏は述べています。 「それは非常に低コストであり、今必要なのは水素が市場に浸透することです。最終的にはグリーン水素が競争力を持つようになるでしょう。私たちは 2030 年代を望んでいます。

によると 水素市場を形成する最新ニュース 水素セントラル

アラムコは、日本と韓国との水素交渉が進んでいると述べた。 2022 年 11 月 13 日

READ  オムロクサマ寺院-ドーサ、日本