3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アラスカの魚介類は日本の「おにぎりブーム」の恩恵を受けている。

アラスカの魚介類は日本の「おにぎりブーム」の恩恵を受けている。

日本の飲食店は消費拡大に取り組んでいる おにぎりあるいは、日本のおにぎりは、慎重な材料の選択と独特の風味の追加によって、伝統的にシンプルな調理を消費者のおいしい体験に変えます。

こうした努力は実を結び始めています。

東京の人気おにぎりチェーン、ボンゴの社長兼最高経営責任者(CEO)、ユーコン・ユミコ氏は、過去1年間、自分の店に客が長蛇の列を作っていたことに驚いたと語った。 1960 年に設立されたこのチェーンは 50 店舗以上を運営し、最近では年間売上高が 30 億円 (2,100 万米ドル、1,910 万ユーロ) に達し、過去最高となっています。

「ディズニーランドのように、さまざまなアトラクションがあり、たくさんのことが楽しめるわけではありません。ただのおにぎりです」と彼は日本の国営放送であるNHKのインタビューで語った。

他には、同じく東京のおにぎり店「おにぎり朝草宿六」がミシュランガイドに掲載されており、おにぎり店がミシュランガイドに掲載されるのは初めてだ。

大手チェーンの成功により新規参入者も現れた。 おにぎりを効率的に製造するために必要な設備とスペースは最小限で済むため、店舗は初期費用が低く、個人でもアルバイトとして始めることができます。 これらの利点に加えて、おにぎり作りの無限のバリエーションと手作りの性質は、消費者を魅了しようとする際の強力なセールスポイントとなります。

おにぎりは日本で大成功を収めており、世界的な企業もこの動きに乗ろうと全力を尽くしている。

米国アラスカ州ジュノーに本拠を置くアラスカ・シーフード・マーケティング・インスティテュート(ASMI)は、創作おにぎりを日本で普及させている。 アラスカ産シーフードおにぎりの展示。 プロモーションは、ASMIが設立メンバーである神奈川県鎌倉市のおにぎり協会と協力して行われます。

「おにぎりは買いやすく、作りやすく、食べやすく、遊びやすいです」とASMIの海外マーケティング担当者である矢方晶子氏はシーフードソースに語った。

これらの見本市は全国各地で開催され、サーモンやタラなどのアラスカ先住民の産物を使ったおにぎりが目玉でした。 セブンイレブンやファミリーマートなどの大手コンビニエンスストアは、アラスカ産の製品を使ったおにぎりを店頭に並べ始めており、日本中での製品の知名度とASMIのマーケティング活動がさらに高まっている。

多くのアラスカ産製品が持続可能であると認定されていることも利点です。 日本の食料品チェーン店が多い 持続可能性がより重視されています。

ファミリーマートは「サプライチェーン全体で責任を持って原材料を調達することを目指しており、当社の水産物の一部には持続可能な漁業であるアラスカ産の魚介類を使用している」と述べた。

成長のほとんどは日本に限定されていますが、おにぎりは国外でも人気を集めています。 おむすびゴンベイチェーンはフランスと米国に店舗をオープンしたが、どちらの市場もパンデミック後も高いテイクアウトレベルを維持し続けている。

「おにぎりは他の地域でも魚介類の消費を増やすきっかけになると信じています」 [besides Japan]も」と矢形氏は語った。 「はい、それはトレンドですが、 [I believe] 他のトレンド食品とは異なり、おにぎりは一度トレンドになったら消えることはありません。

写真提供:ASMI

READ  Liquidは日本におけるeKYCソリューションで金融をサポートします