8月 15, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アメリカ男子4×400決勝で印象的な日本がメダルを獲得

オレゴン州ユージーン:男子4×400メートルリレーの世界大国である米国は、2回の準決勝の最初の試合でシャドウチームが何マイルもクリアに戻った後、土曜日の世界選手権決勝に進出しました。

米国は、スプリントリレーチームを悩ませることが多いバトンの事故を回避したため、過去8回の世界タイトルのうち8回と過去10回のオリンピックゴールドのうち8回を獲得しました。

イライジャ・ゴッドウィン、ベロン・ノーウッド、ブライス・デドマン、トレバー・ポシットが日曜日の決勝に向けてチームを構成し、新たに優勝した個人チャンピオンのマイケル・ノーマンと4位のフィニッシャーであるアリソンが2分58.96秒を記録しました。

中島有希は最後のレグでトリニダード・トバゴをパスし、ジャマイカはそのヒートで2位に落ち着きましたが、3つすべてがパスしました。 日本は世界選手権やオリンピックでメダルを獲得したことはありません。

チェコ共和国、ポーランド、フランスも進歩し、常緑のポーリー兄弟であるディランとケビンをフィーチャーしたベルギーが2回目の準決勝で優勝しました。

昨年のオリンピック銅メダリストのボツワナは、2回目の準決勝の2回目の変更で主導権を握りましたが、彼らの希望を終わらせるためにバトンを落としました。

READ  東南アジアのデルタ波が日本に外国人の奪還を迫っている