12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アメリカの関心がないため、秋山翔子が帰国

外野手秋山翔子氏は、テキサス州エルパソでのサンディエゴパトレトリプルAの合併から解放された後、米国で譲歩することなく日本に戻ると述べた。

2020年シーズンの3年前にシンシナティレッズに2100万ドルの契約で加入した34歳の彼は、数日後に故郷に戻り、そこで次のチームを探すと語った。

「私のエージェントは、アメリカの野球チームからオファーを受け取っていないと私に言った。私は次の決定をする前に日本に戻る」と秋山は言った。

アクイヤマは、日本プロ野球で9年間、パシフィックリーグのアクティブなライオンズでプレーし、オールスターで5回、ゴールデングローブで6回優勝しました。 彼はまた、2015年に216勝で日本のシングルシーズンの記録を破りました。

2シーズンの142のメジャーリーグゲームで、彼は21打点で.224を獲得し、本塁打をしませんでした。

レッズは彼の契約を1年残して彼を解放し、パドレスは先月マイナーリーグ契約に彼を署名したが、彼は木曜日にエルパソによって解放された。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  「内陸の狭い道」:発見の旅で芭蕉と一緒に歩く