5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アタチミュージアムガーデンは、日本で19年目のベストに選ばれました

島根県安来市-日本で最も壮大な庭園で、米国を拠点とするジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニングが実施した2021年の調査で、アタチ美術館に19年連続でランクインしました。

うまく設計されたエリアは約17万平方メートルのエリアをカバーし、ドライランドガーデン、モスガーデン、白砂利と松のガーデンを含む6つのエリアで構成されています。

Sukia Living Magazineとしても知られ、1998年にダグラスロスによって日本庭園を世界に紹介するために設立されました。

2003年に開始されたランキングは、園芸の専門家によって決定され、全​​国の1,000の日本庭園をカバーしています。

雑誌は毎年トップ50の庭園を特集しています。

美しい庭園はもともと有名な庭師によって設計されましたが、美術館の創設者であり地元の実業家である足立源光は、風景を完成させるために独自のアレンジを加えました。

敷地内には7人の庭師が手入れをしており、赤や黒の松、「さつき」、「すつじ」のツツジやカエデなど、さまざまな樹木や花が咲き誇ります。

館長のアタチタガノリ氏によると、この庭園の魅力は、世界でも類を見ない自然と人工の自然の美しさにあります。

「自然と人工の美学を念頭に置いて作成された風景は、観客を感動させることのない芸術の傑作を見ているような気分にさせる、一生に一度の遊びの素晴らしい例です」と彼は声明で述べました。

足立氏は、美術館のスタッフ全員が日常的に庭を美しく保つために取り組んでいることを指摘し、「19年連続で評価を見ることが私たちの社会的義務であり機能であると信じています」と語った。

京都府の桂離宮はリストの2番目です。

島根県の他の4つの団地は日本のトップ50にランクされており、松の南間旅館は4位(前年は3位)でした。 松井のユークリッド庭園、20位(25位)。 松井のうのすかいホテルそらげん、27日(26日); そして、28位(27位)の泉尾の康国寺。

京都府は11施設で第1位であり、東京(7)、島根県、福岡県(5)がそれに続く。

READ  日本はコロナウイルスの緊急事態をさらに4つの州に拡大する