6月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アストロスケール・ジャパン、日本政府から100万ドルの助成金を獲得 – SatNews

アストロスケール・ジャパン、日本政府から100万ドルの助成金を獲得 – SatNews

アストロスケール・ジャパン株式会社。 アストロスケール・ジャパン株式会社(以下「アストロスケール・ジャパン」)の子会社 アストロスケールホールディングス株式会社 (「アストロスケール」)、によって選択されました 日本 文部科学省 (「文部科学省」)その機関に対して 中小企業およびビジネスのイノベーション研究 (SBIR) プログラムは、宇宙にある廃止された大型衛星を画像化して検出する軌道探査機デモミッションを開発するものです。

文部科学省の資金提供によるプロジェクトは3つのフェーズに分かれており、アストロスケール・ジャパンは第1フェーズで26億9,000万円(約1,800万ドル)、3つのフェーズすべてで最大120億円(約8,000万ドル)を受け取ることになる。 作業開発は今月開始され、最長期間は2028年3月までとなる。

SBIRプログラムは、日本のスタートアップ企業や革新的な技術開発に取り組む企業の研究開発を促進し、その成果を政府の支援を通じて円滑に実施することを目的に創設されました。 2023年7月に公募が発表され、アストロスケール・ジャパンの宇宙部門は「衛星やその他の物体を軌道上から除去するための技術およびシステムの開発および実証「計画中」スペースデブリ軽減技術の開発・実証” テーマ。

文部科学省の資金提供を受けたこの取り組みは、Astroscale の伝統をさらに前進させます。 遭遇および近接操作 (RPO)の機能に加えて、宇宙に存在するさまざまな活動中の宇宙船や大型デブリの検査および特性評価機能も含まれます。 アストロスケール・ジャパンは、使用済みの上段ロケット本体を調査し特性評価する同様のミッションを今年後半に開始する予定だ。

アストロスケール・ジャパンによるアクティブデブリ除去 (アトラスJ)は、RPO を介して既存の大型デブリに安全にアクセスし、その状態を特徴づけ、分析する世界初の試みです。 このミッション中、ADRAS-Jは日本の上段とランデブーして画像を収集し、付近の活動を明らかにし、回転速度、回転軸、構造位置などのロケット本体の状態を評価するように設計されていた。

このミッションの主な課題は、使用済みの上段や機能不全の衛星など、準備ができていない物体からは GPS データが提供されないことです。つまり、RPO ミッションに必要な正確な位置と軌道位置が入手できないことになります。 アストロスケールのサービサー宇宙船は、正確な軌道上に配置されると、クライアントのおおよその軌道位置の地上観測データを使用して長距離からクライアントに接近し、その後、独自のセンサーに切り替えて安全に接近してクライアントを検査します。

これらのミッションでは、デブリ除去などの軌道上サービスに必要な最も困難な RPO 能力を実証します。

READ  日本のインフレ: 消費者物価指数は 31 年ぶりの高値に上昇