7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジア大会女子サッカーで日本が北朝鮮を破り金メダルを獲得

アジア大会女子サッカーで日本が北朝鮮を破り金メダルを獲得

杭州(中国)(AFP) – 金曜日、アジア大会女子サッカートーナメントで前回王者の日本が北朝鮮を4対1で破り金メダルを獲得した。 杭州の中国人群衆は反対派を支持して熱烈な歓声を上げた。

公開日:

1分

1試合平均7ゴールをあげて決勝に進んだ日本は、早い段階でリードを奪い、残り10分も経たないうちに北朝鮮と同点に追いついた。

日本が後半6分間で3点を奪うまで、両チームとも迷っていた。

過去4回のアジア大会で北朝鮮に3度目の金メダルをもたらし、北朝鮮に2014年以来のタイトル獲得を阻止した。

今夏のワールドカップ準々決勝で日本はたった1人の選手で並んだ。

3万5000人を超える中国の観衆が北朝鮮を支持したが、10分に日本が先制した。

山本優季選手が鮮やかなクロスフィールドボールを韓国守備陣に運び、中島佳乃選手がペナルティエリアすぐ外からゴールキーパーのキム・アンヒ選手を抜き去るシュートを決めた。

北朝鮮のアン・ミョンソン選手は前半途中に負傷で担架で退場したが、チームはプレスを続け、ホン・サンオク選手がミドルシュートでゴールに迫った。

その直後、日本は千葉麗美奈がヘディングで2点目を決めるはずだったが、北朝鮮が同点ゴールを決めた。

ウィー・ジャンシム選手が低いクロスを入れると、日本は対応を躊躇し、キム・ギョンヨン選手がヘディングでボールをゴールキーパー浅野夏美選手を抜き去った。

後半は北朝鮮が好調な立ち上がりを見せたが、66分に小澤遥選手がコーナーキックから直接ヘディングシュートを決めて日本を先制した。

谷川桃子がボックスの端からシュートを決めて3点差としたが、ゴールキーパーのキムが対応しなければならなかった。

さらに千葉は左サイドを強襲し、キーパーの上にフィニッシュを決めて感嘆符を追加した。

中国がウズベキスタンを7-0で破り、銅メダルを獲得した。

READ  日本の中小企業は困っている