7月 16, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジアレポート:人民銀利下げ後の市場はまちまち、日本のGDP成長率

アジアレポート:人民銀利下げ後の市場はまちまち、日本のGDP成長率

火曜日のアジア太平洋市場は、地域の二大企業である日本と中国の主要経済指標に反応し、まちまちの動きを見せた。

パトリック・マネリー、市場アナリスト ティグミルグループ参加者らが主要な発表を処理する中、同地域の株式市場では期待外れの中国活動データや中国人民銀行の7日物リバースレポ金利と1年物中期融資制度(MLF)金利の予想外の引き下げなど、まちまちの結果が取引された。 。

「日本の日経平均株価は、好調なGDP報告を受けて上昇した」と同氏は指摘した。

「報告書は、日本経済が6.0%拡大し、予想の3.1%成長を上回ったことを示した。

「この成長率は、2020年の第4四半期以来最も速い年間ペースをマークしました。」

市場は重要なデータに上昇と下落が混在して反応します

日本ではどちらも ニッキ 225 この トピック この日はそれぞれ0.56%、0.41%上昇して32,238.89ポイント、2,290.31ポイントで終了した。

東京のスケールで言えば、 エパラ株式会社 6.7% の驚異的な上昇で群をリードし、引き続き僅差で推移 日本郵政株式会社 そして 三井化学それぞれ4.89%と3.76%上昇した。

日本の好調に比べ、中国はやや減速 上海ミックス 0.07%下落して3,176.18となった。 深センコンポーネント 0.7%安の1万0679.73で終了した。

上海では有力な敗者の一つだった 豪華化学科学技術10.01%下落、 北京聯合信息技術 6.88%の減少となった。

香港では、 ハンセン指数 この日は1.03%下落し、18,581.11で終了した。

埠頭不動産周大福宝飾グループそして ヒドラオ・インターナショナル 全体的なマイナス感情を反映し、それぞれ8.13%、4.69%、4.49%下落した。

韓国の市場は火曜日、光復節のため休場となった。

オーストラリアでは市場心理は強気だった S&P/ASX 200 0.38%上昇し、7305.00で落ち着いた。

シドニーには大物アーティストも参加 シムズ6.3%増加し、 蝸牛5.69%上昇した。

ニュージーランドの S&P/NZX50 0.05%の小幅下落で11,820.74で終了した。

ウェリントンで注目すべき下落率の 1 つ ニュージーランドのレストランブランド3.46%減少しました KMDブランド2.25%下落。

通貨では、ドルは対円で0.03%、対豪ドルで0.17%上昇し、それぞれ145.61円と1.5441豪ドルで取引された。

同様の上昇傾向がキウイに対しても見られ、米ドルは0.15%上昇して1.6760ニュージーランドドルとなった。

コモディティー面では原油価格はまちまちで、ブレント原油先物は直近で0.07%上昇した。 1バレルあたり86.27ドルですが、 ニューヨークメキシコシティ ウェスト・テキサス・インターミディエイトの株価は0.07%安の82.45ドルだった。

日本の成長、中国の利下げ、オーストラリアのインフレ見通しが焦点

経済ニュースでは、火曜日に発表されたデータによると、円安による輸出の急増により、日本経済は3四半期連続の成長を記録した。

同国は第2・四半期に年率6%という堅調な成長を記録し、4─6月期に予想されていた3.1%の成長を上回った。

この好影響は円安によって相殺され、世界の消費者にとって日本製品の価格が安くなりました。

同四半期のGDP成長率は1.5%に達し、予想の0.8%成長を上回った。

また、パンデミック後のサプライチェーンの混乱の緩和により、第2四半期の輸出は3.2%増加した。

特に、自動車販売が回復し、観光客の到着が純輸出額の勢いを取り戻すことに貢献し、新型コロナウイルス感染症前の水準の3分の2に達した。

ダンカン・リグレー氏は「全体として、輸出状況がすぐに回復する可能性は低く、少なくとも今年下半期までは回復しないだろう」と述べた。 パンテオン マクロ経済学

「新興アジアと米国からの需要は引き続き鈍化すると予想され、特に米国は緩やかな減速に見舞われる可能性が高い。

「インフレの進行と高金利が西側諸国の実質賃金の伸びと家計の購買力を圧迫している一方、中国は不均一な回復のため景気の低迷を取り戻すことができていない。」

リグレー氏は、円安にもかかわらず日本の輸出は冷え込んでいると述べ、国内の消費と投資の実績は引き続き期待を裏切るものになるだろうと付け加えた。

「この悲惨な経済状況を背景に、CBIが最近その予想を上回ったにもかかわらず、日本銀行がインフレに対抗するために金利を引き上げる可能性は低い。

「日銀はイールドカーブ制限政策の段階的廃止を目指し、政策金利をマイナス0.10%に維持し、年間を通じて緩和的な金融スタンスを追求すると予想している。」

このほか、中国人民銀行(人民銀行)は火曜日、景気回復が鈍い中での経済需要喚起を目的としたサプライズ利下げを発表した。

市場予想に反して人民銀行は、1年物中期信用枠4,010億元の金利を15ベーシスポイント引き下げ2.5%とした。

流動性の増強は、銀行システムにおける適切な流動性の確保や納税など、いくつかの要素のバランスをとることを目的としています。

この背景には、不安定な経済指標と不動産セクターの安定性に対する懸念の高まりがあり、不動産開発会社カントリー・ガーデンが最近発表した76億ドルの損失と社債返済の一時停止によってさらに悪化した。

同氏は「たとえ完全に保証されたとしても、政府支出がなければ永続的な効果をもたらす可能性は低い」と述べた。 SPI資産管理 パートナーはスティーブン・イネスです。

「金融政策の効果はほぼ中立的になる可能性が高く、特に不利とみなされる可能性がある地域の信頼危機に直面して政策立案者がパニックボタンを押し始めている。

「中国政府は不動産セクターの緊張緩和に向けてすでにいくつかの措置を講じているが、1日遅れ、1元不足している。」

また、7月の経済指標は中国が直面する課題を浮き彫りにした。

小売売上高は前年比2.5%増にとどまり、予想の4.5%増には届かなかった。

同様に鉱工業生産も前年比3.7%増となり、予想の4.4%増には届かなかった。

今年1─7月の固定資産投資は3.4%増加し、予想の3.8%を下回った。

年齢別の詳細な失業率は公表されていないが、全体的な失業率は7月に5.3%に上昇した。

憂慮すべき数字は、16~24歳の年齢層が6月時点で21.3%という前例のない失業率に苦しんでいることを示している。

一方、国家統計局は若年層の失業率の公表を一時停止し、算出方法が修正される可能性を示唆している。

同局の報道官は、若者の失業率の計算方法を見直すべきだと述べた。

傅玲輝氏は北京での記者会見で「経済と社会は常に発展し、変化している。統計業務には継続的な改善が必要だ」と述べた。

最後に、オーストラリア準備銀行は、8月1日の金融政策会合の議事録で、同国のインフレ環境が「安心できる」と強調した。

理事会は、サービス部門の価格上昇が続いたものの、6月四半期のインフレ率が予想よりも大幅に低下したことを指摘した。

RBAは今後数カ月間の経済成長の鈍化を予想する一方、それがさらなるインフレ抑制につながると予想している。

ただ、中銀は追加金融引き締めの可能性を排除せず、そのような決定は新たなデータとリスク評価の評価に左右されると強調した。

Josh White が Sharecast.com にレポートします。

READ  日本が冬の供給確保を急ぐ中、アジアのガス価格が上昇