12月 2, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アコーが日本で新しいメルキュールホテルに署名

アコーはサムティ株式会社と管理契約を結び、マーキュリー羽田をオープンしました。 2023年に完成予定の363コアのホテルは、東京の羽田空港に近い最初の国際空港ホテルになります。

メルキュール羽田は、アコージャパンの18のホテルネットワークに加わり、国内で8番目のメルキュールホテルになりました。

メルキュール羽田は日本で8番目のメルキュールホテルになります

ホテルは音取駅から数百メートル、羽田空港から車で10分の場所にあります。 ホテルは穴守稲荷寺院、羽田イノベーションシティ、地元のレストランまで歩いてすぐです。

「アコーは日本でのプレゼンスの拡大に取り組んでおり、8か所に18のホテルのネットワークを構築しています。メルキュール羽田はそのポートフォリオに素晴らしい追加となるでしょう。そして今後数年間でさらに多くの訪問が見込まれます」とCEOのカースシモンズは述べています。東南アジア、日本、韓国のアコー

マーキュリー羽田は、レストラン、バー、フィットネスセンター、3つの会議室、ゲストと乗組員のためのラウンジなど、さまざまな設備を備えています。 デザイン要素は、伝統や手工芸品、羽田地区の歴史、日本のサブカルチャーを際立たせています。

READ  カブスはフリーエージェントのピッチングを求めて日本のセンガを探しています