6月 8, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アイデア | 日本のテクノロジー業界は活況を呈している

ショウ・ハヤシはサンフランシスコかオースティンでウォークオンになる可能性がある。 2 つのスタートアップで成功を収め、数々の学位を取得した 33 歳の創設者は、週末の会議に向かう前に、明るいコワーキング スペースで私に会いました。

しかし、ここ日本では、林は新種の革命家だ。 東京のエリート大学を卒業した彼は、生涯の仕事に就くことが期待されています。 おそらく国際外交官として、あるいは三菱のような歴史ある大企業帝国においてかもしれない。 林氏の躍進は、2010 年にシンガポールで開催された主要なスタートアップ カンファレンスに出席したときでした。そのとき、日本には代表者がいないことに気づきました。 失望した彼は、起業家になることを願い、起業家精神という新たな天職を見つけました。

「外交官は何も創造しないことに気づきました。 彼らはそこにあるものに基づいて交渉します」と林氏は言いました。 それは私の人生を変えました。 」

日本は世界で3番目に裕福な国でしたが、生産できるのは 10くらい ユニコーン。 (それと比較してください 600以上 米国のユニコーン企業、中国のユニコーン企業は 300 社を超えています。)そのハイテクスタートアップシーンは、沈黙と不屈の企業リーダーと、イノベーションへの恐怖からかつては未来だった国をデジタル化させた高齢化とリスク回避人口によって、長年にわたって妨げられてきました。 僻地

しかしここ数年、林さんのように、期待していた道から外れてしまう人が増えている。 彼らの選択が検証される 記録的な資金調達額 テクノロジー系スタートアップの流入、新規 市政府の取り組み 新進気鋭の起業家をサポートし、 税制上の優遇措置。 疫病による行動上のサーキットブレーカーと相まって、これは転換点だ。おそらく日本のテクノロジー業界は、数十年にわたる停滞からようやく解放され始めているのだ。

「これは完全な考え方の転換だ」と彼は言った 岩田健太 28歳、分野横断プロジェクトShibuya QWSのコミュニティマネージャー(「ノート」と読みます)。 鉄道・不動産会社である東急グループが 2019 年末に立ち上げた QWS は、日本では本格的なコンセプトであり、大手企業や機関の従業員をつなぐ企業サポートスペースです。 岩田さんのような QWS スタッフは、そうしたつながりを育み、人々の話題を集めるのに役立ちます。

「50年前、日本は発展の頂点に立っていたので、仕事をして安定した生活を送ることができました。」と彼は言いました。 「しかし、仕事を持つということは、自分の会社の人々と会うことだけを意味します。 私たちが提供するのは、ランダムで同じ考えを持つ従業員が新しい会社を設立できる場所です。 QWSは5年前には存在していなかったでしょう。

林氏によると、パンデミックはその変化を加速させる一因となったという。 「今では、人々が仕事を辞めてスタートアップに参加するのは珍しいことではありません」と彼は言う。 「疫病の流行中、 [people] 彼らは本当にどうやって作るのか疑問に思い始めました 欲しい 仕事をするためには、キャリア中であっても副業を始めたり、複数の仕事を掛け持ちしたりしましょう。 物事が開けてきました。 」

周囲の広くてオープンなフロアは、にぎやかです。 日本人の若者たちは通り過ぎながらおしゃべりしたり笑ったりしており、ブロンドの木の長いテーブルに座って交流する人もいます。 スマートフォンの着信音が鳴り、キーボードがカタカタと鳴る中、2階の共同キッチンからはカレーの美味しそうな香りが漂います。

日本のテクノロジースタートアップシーンは長い間、ある種の気の緩みの犠牲になってきた。 5年前、私はアジア学者の故エズラ・ヴォーゲルと話しました。 バブル期 ベストセラー ジャパンナンバーワン:アメリカへの教訓。 彼は、中国人の友人たちが経済や海外プロジェクトに熱心である一方で、日本の友人たちは暗い見通しを恐れているにもかかわらず、家にいることを好んでいると語った。たとえどんなに息苦しくても、生涯にわたる仕事は、不確実性よりも優れています。 「日本はとても住みやすい場所になった」とヴォーゲル氏は推測する。 「都合が良すぎるのかもしれない。」

2018年以降、資金調達や実用的でスタートアップに優しい発表が増え始めた。 市等の助成による取り組み 渋谷スタートアップ支援シティテック東京、創業者が会社を立ち上げるために必要なローカルリソースにアクセスできるように支援しました。 渋谷区行政は特に積極的で、 入学ビザ 外国人起業家を誘惑し、詐欺する行為 パートナーシップ のようなイノベーションコンサルタントと エッグフォワード

政府の年金投資基金の奨励金の変更により、公的資金がベンチャーキャピタル企業に投入されるようになった。 記録的な資金調達額 2022年はテクノロジー系スタートアップが中心。 同年、米国と欧州への投資はそれぞれ30%、16%減少した。 一緒に 税制上の優遇措置新興企業の買収を検討している企業向けのものを含むこれらの計画は、日本の現在の台頭をさらに具体的に感じさせるものとなっている。

(野心的ではあるがあまり定義されていない政府の取り組み — 国家デジタル庁や岸田文雄首相の公約など) テクノロジー関連のスタートアップは 5 年間で 10 倍に成長する — 業界からはある程度懐疑的な目で見られています。)

日本では世代間の大きな出来事が起きている。 しかし、古い日本と新しい日本の間で適切なバランスを見つけなければなりません

中国で生まれ米国で育ったヤン・ファンさんは、シリコンバレーでソフトウェアエンジニアとして働いていたが、6年前に夫とともに日本に移住し、主に企業顧客向けのコーディングブートキャンプであるCode Chrysalisを共同設立した。 コードクリサリスは、ソフトウェア開発を遅らせ、開発人材の輸入を日本に強いている日本のエンジニア不足を埋めることを目指している。

ファン氏は移住当時、日本の起業家的成長の機会が限られているという幻想を抱いていなかった。 「私は全員に、失敗する方法を学ぶために、少なくともアメリカでキャリアをスタートするように言いました」と彼は語った。 「ここでは失敗は許されない。」

しかし、最近の出来事により、彼女はさらに感情的になりました。 同氏は、テクノロジー関連の合併・買収が増加しており、日本の一流大学の卒業生が新興企業での職に就いていると指摘した。 Google、Netflix、Facebook などのブランドに加わることは、たとえそれらのブランドが親会社よりも小規模であっても、トレンドになっています。 Code Chrysalis は現在、東京の人気の高い元座布地区にあるウォート ビルの 2 階を占めており、技術チームの 50% が女性、9% が非バイナリーです。

「日本では世代間の大きな出来事が起きている」とファン氏は語った。 「しかし、古い日本と新しい日本の間で適切なバランスを見つけなければなりません。」

同氏によると、パンデミック後、一般化されたコーディングスキルに対する大企業からの需要が高まっているという。 「『DX』、『リスキル』、『アジャイル』はすべて大きな流行語です…日本の大企業は皆、何をする必要があるかを考えており、それを実行するための資金を持っています。」 このスタートアップの顧客リストには現在、投資銀行の野村や国内初のユニコーンである電子商取引プラットフォームのメルカリが含まれている。


コードサナギ

歴史的には、外国からの圧力、あるいは マニュアル 日本での強制変革。 昨今、国内から多くの圧力がかかっています。 人口減少の不均等スパイラルにより、すでに深刻な労働力不足が生じています。 2050年までに、日本の人口は2023年の約1億2,500万人からわずか9,700万人まで減少すると予測されています。 日本のデジタルインフラの貧弱な状態があり、これはパンデミックのピーク時に、遅々として進まない郵便ベースのワクチン接種キャンペーンや入国時の書類手続きの必要性などによって表面化した。

飯田友則はこの瞬間を日本にとって清算の瞬間だったと語る。 彼は、日本の高齢労働者にデジタル スキルを教えることを目的としたプロジェクトを率いています。このプロジェクトは、革新的でアート主導の再発明で日本国外では最もよく知られているベネス コーポレーションが一部運営しています。 直島

「コロナだと思います」[-19] デジタル化がなければ私たちがいかに脆弱であるかを認識させられました。 多くのことが止まったり、停滞したりしました」と会田氏は語った。 「これは私たちへの警鐘であり、政府や企業のリーダーに行動を起こさせるものでした。」

日本のテクノロジーシーンにようやく勢いがあり、明らかにエネルギーを感じています。 しかし、本当に世界に向けて何か新しいものを生み出そうとしているのだろうか?

エンジェル投資家として、またいくつかの新興企業の取締役を務めた国際金融弁護士の白土有紀氏によると、日本のテクノロジー業界の大きな変化には5~6年かかる可能性があるという。 シリコンバレーでは一生の出来事ですが、何世紀も前の日本では一瞬の出来事です。 「言語や精神的な障壁、リスクを冒すことへの抵抗など、克服するには時間がかかります」と彼は言う。

日本のテクノロジー系スタートアップ企業は異なる価値観と目標を持っており、フィンテック、バイオテクノロジー、ヘルスケアなどの分野でのイノベーションに重点を置いていると同氏は付け加えた。 スマートデバイスのような、より実用的でハードウェアに依存しない製品の開発が大きく進むだろう。

日本の高い生活水準は、地元や外国の起業家たちにも失われていない。彼らの中には、急速に変化し、今では亀裂が入っている世界で物事を打ち破る知恵に疑問を抱いている人もいる。

東京に本拠を置く創設者は、最近生命を脅かす怪我を負った息子を持つアメリカ人の友人の話を語った。 アメリカだったら息子の治療費は100万ドルを超え、友人の会社は破産してしまうだろう。 「それは私たちの文化の一部ではありません。」

林氏も同意するだろう。 「優先順位の問題だと思います」と、空港までウーバーを呼ぶ直前に彼は私に言った。 「経済的利益を最大化することだけが目的なら、より高い賃金を求めて海外で働くのが賢明です。しかし、日本社会は与える場所なので、何かを与えることができます。

READ  Mapletree Industrial、520億円の買収で日本のデータセンター市場に参入 | ニュース