5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

のぞみエナジー、日本初の長期脱炭素化容量オークションで2件のプロジェクトを落札

のぞみエナジー、日本初の長期脱炭素化容量オークションで2件のプロジェクトを落札

  • 最初のバッテリープロジェクトが急速に成長する再生可能エネルギーのポートフォリオに追加される

東京、2024 年 5 月 7 日: アクティスが設立した日本に特化した再生可能エネルギープラットフォームであるNozomi Energyは、日本初の長期脱炭素化容量オークションで落札企業の1社として選ばれ、2つのバッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)プロジェクトを確保したことを発表できることを嬉しく思います。 初期設置容量は200MWh。

この注目すべき成果は、Nozomi Energy が運転開始から 10 か月以内に 100 MW の運用プロジェクトユニットを設立するという目覚ましい成功に続くものです。

日本は2050年までにカーボンニュートラルを達成したいと考えており、そのため2030年までに総発電量に占める再生可能エネルギーの割合を36~38%とすることを目標としている(2019年からシェアを2倍にする)。のぞみエナジーの戦略的貢献は、日本のグリーンエネルギーの道において重要な役割を果たしている。 。 2つのBESSプロジェクトの落札は、日本の再生可能エネルギーインフラの開発と二酸化炭素排出量削減に対するNozomi Energyの取り組みを強調するものである。

これらの BESS プロジェクトは、送電網の安定性を向上させ、再生可能エネルギーの統合を促進し、日本の野心的な環境およびエネルギーの持続可能性目標と一致するために重要です。 これらのプロジェクトを通じて、Nozomi Energy は日本の持続可能なエネルギーの未来への移行をサポートする役割を再確認します。

ノゾミ・エナジーのCEO、ホセ・アントニオ・ミラン・ルアノ氏は次のようにコメントした。 「私たちは、日本の脱炭素化と再生可能エネルギー導入への道の一部であることを誇りに思います。容量オークションでこれらのプロジェクトを獲得したことは、日本のエネルギー転換に対する私たちのコミットメントと貢献の証です。」

READ  日本は夏に大きな旅行の変化をもたらす準備をしています