3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

なぜ日本を訪れる観光客は宝石や工芸品をあれほどたくさん買うのでしょうか?

なぜ日本を訪れる観光客は宝石や工芸品をあれほどたくさん買うのでしょうか?

パンデミック後、日本を訪れる観光客は民芸品や宝飾品を手に入れることが増えているが、化粧品や医薬品の売り上げは減少している。これは、欧州からの来訪者が増え、中国国民が自宅にいることで観光客の人口構成が変化していることを反映している。

観光庁によると、7~9月期の伝統工芸品への訪問者1人当たりの平均支出額は1万3338円(92ドル)で、2019年の同時期と比べて80%増加し、2023年初めから始まった傾向が続いている。 同期間では30%。

似たような話

インバウンド観光は日本の景気回復の数少ない明るい兆しの一つとなっているが、ドラッグストアや小売業者はもはや棚を片付けるのに中国からの旅行者のバスに頼ることはできない、というのが2019年の共通の見方だ。 円安にもかかわらず、経済のおかげでこの列島へのツアーはかなり手頃な価格になっています。

ニューヨークから訪れたダニエル・フォレスターさんは、「何か日本的なものが必要で、インターネットでこの店を見つけた」と伝統工芸青山スクエアで漆箱に9万円を支払いながら語った。 「これをペンの保管に使います。私のオフィスです。」

浅川和彦店長によると、4~10月の同店の免税売上高はコロナ前と比べて約2割増えた。 鉄瓶や陶器、その他の手作り品など、7,000 ~ 8,000 点の商品が並べられています。 「2022年末からメキシコ、ブラジル、ポーランドなどからの旅行者が増えるだろう」と同氏は語った。

日本政府観光局によると、観光客全体に占める中国人観光客の割合は2019年の30%から現在は10%となっている。 一方、米国、カナダ、ドイツなどからの乗客は増加している。

観光客の人口動態の変化により、一部の商品カテゴリーがブームになっています。 神座でペンやノート、その他の文房具を販売する平屋建ての店舗を経営する有限会社伊東屋では、免税売上高がパンデミック前の2倍以上になった。 マネージャーの藤木淳さんによると、SNSを通じて同店を知った客も多いという。 「どうやら我々が標的になりつつあるようだ」と彼は言った。

最近インドから家族とともに訪れたシンドゥジャ・ヴェンカットさんは、井戸屋で買い物客に混じってペンやスケッチブック、その他の品物を眺めていた。 「子供たちが学校で使う文房具を買いたいのです」と彼女は言いました。

国連世界観光機関によると、日本は観光客消費が増加しているにもかかわらず、訪問者1人当たりの総支出額では依然として地域諸国に後れを取っており、2022年の時点で2,411ドルとなっている。 これに対し、香港では観光客1人当たり5,524ドル、リストトップのオーストラリアでは6,526ドルとなっている。

「日本はエンターテイメントとサービスの分野で他国に負けつつある」と東京女子大学の矢賀崎法子教授は言う。 観光客に同行できるガイドが不足し、労働力が供給過剰になっているという。

矢賀崎氏は、単に商品を売ることに注力するのではなく、体験を提供することで観光客の支出を増やすことができると述べた。

たとえ支出が少なくても、観光客の増加が経済活動の促進につながるとの見方もある。 しかし、それも業界の人手不足で難しい。 帝国データバンクの10月の調査では、日本の宿泊・ホテル業界が空前の人手不足に直面していることが判明した。

屋賀崎氏は「来場者数は重要だが、管理できなくなることもある」と語った。 「今後数年間はサービスの質の向上に注力する必要がある。」

READ  訪日外国人は2023年には6倍の2,507万人に増加する。