2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

この大会で日本のホンダ・トモル選手が同国初の金メダルを獲得した

この大会で日本のホンダ・トモル選手が同国初の金メダルを獲得した

第19回アジア競技大会

第19回アジア競技大会の水泳では、最初の2日間で中国がメダル獲得数を独占し、ほぼすべての金メダルを獲得した。

しかし今日、日本はついに金メダルパーティーに加わった 本田 友留男子400メートル優勝オリンピック200メートル銀メダリストのホンダが4分11秒40で1-2とリードした。 瀬戸だや 4分12秒88で銀メダルを獲得した。

ジャカルタで開催された 2018 年アジア競技大会の前回大会を思い出してください。メダル表はまったく別の話です。 日本は中国を上回り、金メダル19個を含む合計52個のメダルを獲得した。 しかし、今回は中国のようにそのようなパフォーマンスは起こらないだろう。 チン・ヒャンチャン・ユーフェイ そして ボン・ジャンル 勢いが衰える気配はない。

25歳の彼がオリンピックで複数のメダルを獲得したおかげで、香港は今もその地位を保っている。 シボーン ハケ。 彼女は昨夜の200メートルフリーでの勝利を100メートルフリーで2倍にし、その過程で52秒17のアジア新記録を樹立した。

しかし、中国は再び執拗だった 彭徐偉 女子200メートル(2:07.28)で金メダルを獲得、 フィー・リウェイ 男子1500メートル自由で初表彰台(14分55秒47)、 李冰志 彼女は女子400メートル自由で4分01秒96のアジア大会新記録を破って金メダルを獲得した。

中国は男子4×100メートルメドレーリレーで決定的な演技を見せ、その夜を終えた。 徐佳宇チン・ヒャン王昌道 そして ボン・ジャンル 3分27秒01の国内新記録とアジア新記録を樹立した。 簡単にフィールドを上回っただけでなく、このイベントで史上 2 位のパフォーマンスを記録しました。

READ  日本の孤独の危機には、約150万人の社会的孤立者が含まれています