7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

このアメリカ人は日本からオランダに移住し、今は幸せで独身です。

このアメリカ人は日本からオランダに移住し、今は幸せで独身です。

アメリカ人として、ヨーロッパを訪れることができて嬉しかったです。
ブリー・シュミット

  • 私はアメリカ人で、日本に約6年間住んでいたのですが、孤独と喪失感を感じ始めました。
  • 東京の家を売り、ヨーロッパ中を旅して、オランダが大好きになりました。
  • 私は特別な条約を利用してヨーロッパの市民権を取得し、ここで幸せに暮らしています。

2022 年 1 月のある日、私は日本での生活が限界を迎えたということに気づきました。

私は東京に住むアメリカ人で、日本語をマスターし、弓を磨き、満員電車の中で(礼儀正しく)進む方法を見つけようと何度も努力したにもかかわらず、6年も経つと水を得た魚のような気分になっていました。

日本での生活を想像したときに多くの人が期待するように、日本での最初の数年間は刺激的で夢のようなものでした。

素晴らしい神社や寺院を訪れ、居酒屋で友人とウーロンハイのカクテルを飲み、渋谷の街を何時間もぶらぶらして過ごしました。当時、日本は私にとって遊び場のように感じていました。

日本での私の経験は時間の経過とともに変化しました

私にとって日本は時々寂しい場所のように感じられました。
©マルコ・ボッティゲッリ/ゲッティイメージズ

やがて、日出ずる国に住むことのマイナス面のいくつかが私に身にしみ始めました。

どんなに静かで目立たないように努めたとしても、私は外国人として目立っていたため、郊外ではじろじろ見られました(そして時折睨まれました)。

何よりも、 この国の人口のわずか2.5%が外国人です。 日本文化は魅力的でしたが、多様性や多文化主義が恋しくなりました。

日本に滞在して生活していると、毎年寂しさを感じます。 まず、日本社会は控えめなことで知られており、東京のような大都市では、見知らぬ人と会話を始めることは、ほとんどの交流を束縛する秩序と調和に反するものとみなされます。

その上、日本は四方を海に囲まれ文字通り孤立している。 そのため、海外旅行や他の国への旅行が困難になる可能性があります。

私は新しい場所を探索し、より多くのつながりを作りたいと熱望していましたが、日本はもはやこれらの価値観と一致していないようでした。

次にどこに行けばいいのか分からないが、アメリカに戻るのは違うようだ

2022年の初めにこのことを打ち明けた後、夫(東アジアの国に来て1年目に出会った日本人)と私は、米国に住むことが唯一の選択肢だと考えました。 しかし、私たちは理想のライフスタイルや目標に合ったアメリカの都市に定住するのに苦労しました。

決断を回避するために、私たちは東京の家を売り、デジタル遊牧民としてヨーロッパ中を数か月間旅行しました。

私たちの冒険は 2023 年に始まり、オランダにも立ち寄りましたが、そこがまるで我が家のように感じられたことに驚きました。

アムステルダムでは、多文化主義、小さな犬のことを話してくれた地元の人々、そして他の国への便利な旅行など、日本にはない特典を頼りにしていました。

私は、かつて受けていた視線や不要な注目から解放され、さわやかな解放感を感じていることに気づきました。

旅行中、私はオランダ・アメリカ友好条約についても学びました。これは、アメリカの起業家がほとんど手間をかけずにオランダに居住できるようにする協定です。

ヨーロッパに長期滞在するのは現実的ではないと思われましたが、このプログラムを利用することで、それが実行可能な選択肢になる可能性があることがわかりました。

オランダは日本に懐かしいものを提供してくれる

ヨーロッパへの旅行中に、私と夫はアメリカに行く必要がないことに気づき始めました。
ヤソニア/ゲッティイメージズ

オランダ旅行から1年も経たないうちに、私たちは観光客というよりは住民としてオランダに戻ってきました。

近所の人たちに歓迎されていると感じ、すでにさまざまな国や背景を持つ友人ができ、日本に住んでいたときと比べてアメリカでは家族に会うのが簡単でした。

オランダはよく 世界で最も幸福な国の一つにランクされるそして、多くのオランダの地元住民がリスト内での自分たちの位置を嘲笑する中(ここでは不平不満を言うのが国民的娯楽のようだ)、私はそれを裏付ける証拠を見つけた。

オープンでフレンドリーな人々、旅行のしやすさに加えて、近所の「中古品」ボックスのような、住民が自分の持ち物を新しい所有者に引き渡したり、人々が公園でリラックスしたり本を読んだりするなど、ここの小さなことに本当に満足しています。 平日の午後、自転車専用道路があるので、車のない生活がとても楽になります。 このような魅力的な観察は東京では珍しいでしょう。

もちろん、私はまだオランダに来たばかりですし、日本と同じように、時間の経過とともに私の気持ちも変わるかもしれないことはわかっています。 人も場所も進化する可能性があり、人生のある時点ではその国が故郷のように感じられたとしても、永遠にそう感じるとは限りません。

2年であろうと、7年であろうと、あるいは私の人生全体であろうと、私はその感情が続く限り、その感情を受け入れることを学びました。 今のところ、私はオランダに住むことが私の夢の生活だと決めています。

READ  日本南西部の九州広島日本京都大雨は東京で洪水と地滑りを引き起こします