7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

『ブラックアウト』の著者ジャスティン・トーレス氏が全米図書賞フィクション部門を受賞

『ブラックアウト』の著者ジャスティン・トーレス氏が全米図書賞フィクション部門を受賞

水曜日に発表された賞に加えて、全米書籍財団は2つの生涯功績賞を授与した。 リタ・ダヴは、11冊の詩集を含む彼女の作品全体が評価され、アメリカ文学への特別貢献メダルを受賞した。 ダヴは1990年代に米国桂冠詩人賞を受賞した初の黒人詩人だった。 アメリカ文学界への顕著な貢献に対する文学賞は、サンフランシスコのシティ・ライツ・ブックス&パブリッシャーズのシニア・バイヤーであるポール・ヤマザキ氏に授与された。

時々、イスラエルとガザでの戦争の話題が持ち上がりました。 詩人のハイド・Eは次のように述べています。 優勝者に詩を贈呈したエルドリッヒ氏は、「ガザでの人的苦しみは私たちの考えの最前線にある」と述べ、「悲しみの中で私たちがたどり着くのは詩である」と述べた。

式典の数日前、ファイナリストのグループがガザでの戦争についての声明を発表する予定だという噂が広まったが、スポンサーや主催者はそれが何を意味するか分からなかった。 Zibby Media と Book of the Month の 2 つのスポンサーはイベントへの参加を見送ることを決定し、Zibby Media はスポンサーシップを完全に撤回しました。

政治や世界の出来事が全米図書賞での会話やスピーチを主導することは珍しいことではありません。 過去には、勝者たちはアメリカにおける人種差別、出版における多様性の欠如、そして全米での書籍の禁制令の高まりによる表現の自由への脅威に対して声を上げてきた。

10月7日のハマス過激派によるイスラエル攻撃と、その後のガザでのイスラエル軍事作戦以来、文学・文化機関は紛争にどう対応するかに苦心している。 最近、多くの文学イベントが中止または中止になっている。 月曜夜、親パレスチナデモ参加者らはカナダでの文学賞授賞式をボイコットし、一時は壇上に上がり、スコシアバンク・ギラー賞に資金提供しているスコシアバンクが大量虐殺に資金提供していると非難する横断幕を広げた。 フランクフルト・ブックフェアなど、パレスチナ人の芸術家や作家が関わる一部のイベントが中止または延期された。

全米図書賞では、停戦を求める集団的な呼びかけに一部の出席者から拍手が送られたが、その声明は主催者が懸念していたほど二極化や破壊的なものには見えなかった。 火曜日、一部の常連客が式典を欠席する予定だとの報道を受けて、全米書籍財団は声明を発表した。 声明 政治的声明が過去の勝者によって発せられたことに留意し、進行中の論争を静めるため。

READ  仮面の歌手シーズン 8 エピソード 4 は、さらに 2 つの文字を明らかにします。