6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「Twitterを運営するのは難しい」 – 締め切り

「Twitterを運営するのは難しい」 – 締め切り

Twitterの共同創設者で元最高経営責任者(CEO)のジャック・ドーシー氏は、イーロン・マスク氏がツイートに「閲覧制限」を設けた後にソーシャルプラットフォーム上で引き起こした話題を調査している。

「Twitterを運営するのは大変なことだ。このプレッシャーが誰にもかかることを私は望んでいない。直面している大きな制約の中で、チームは最善を尽くしていると確信している。」 「決定を遠くから批判するのは簡単です…そして私もそれを犯しています…しかし、重要なのはTwitterが繁栄することであることはわかっています。必ずそうなります。」

2番目のツイートで同氏は、「そして、その負担を軽減するために、ビットコインやnostrのような真に検閲に強いオープンプロトコルを構築することを検討してほしい。これは誰にとっても良いことであり、オープンなインターネットを維持するために不可欠である。」と付け加えた。

Twitter ユーザーは、マスクがユーザーが毎日読むツイートに制限を設けた複雑なプラットフォームに目覚めました。 マスク氏は、この制限は「極端なレベルのデータ収集とシステム操作に対処する」ために設けられたと述べた。

月額購読料を支払う「認証済み」ユーザーは 1 日あたり 6,000 件の投稿を読むことができますが、「未認証」ユーザーは 1 日あたり 600 件の投稿に制限され、新規の未認証ユーザーは 1 日あたり 300 件の投稿に制限されます。 その日の後半にマスク氏は、新たな制限は認証済みユーザーが10,000、未認証ユーザーが1,000、新規ユーザーが500になると述べた。

マスク氏はその後、「視聴制限について苦情を言うのに視聴制限に達するなんてばかばかしい」とツイートし、ユーザーが「視聴制限」に達していることを嘲笑した。

マスク氏が新たな視聴限界を設定する中、ドーシー氏は人気の話題となっている。 Twitterの元CEOは、Twitterとの競争を目的とした新しいソーシャルネットワーキングサービスであるBluesky Socialの取締役会に所属している。 現在はベータ版であり、ユーザーは招待コードを持っている場合にのみ登録できます。

多くの人がマスク氏の決定に不満を表明する中、多くのユーザーはBlueskyを含む代替案を探し始めた。

READ  ウォール街が多忙な決算週に注目する中、株価先物は下落:ライブアップデート