1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「遠い食べ物」のために日本の教授によって作成された舐めやすいテレビ画面

東京: 日本の教授は、食べ物の味を模倣できる、なめることができるテレビ画面のプロトタイプを作成しました。これは、マルチビジュアル体験を作成するためのもう1つのステップです。

Taste the TVと呼ばれるこのデバイスは、10個のフレーバーキャニスターを備えたカルーセルを使用して、特定の食品の味を作成します。 次に、味覚サンプルは、視聴者が試すことができるように、フラットなテレビ画面で衛生的な画像にロールバックされます。

明治大学教授の宮下ほみ氏は、政府-19時代には、この種の技術は人々が外界と相互作用する方法を改善する可能性があると述べた。

10種類のフレーバーキャニスターが、フィルム上の1つの画面にさまざまなフレーバーを放出します。 借金:ロイター/キム・ギョンフン

「家にいても、世界の反対側にあるレストランで食事をするのと同じ体験ができるようにすることが目標です」と彼は語った。

宮下は約30人の学生のチームと協力して、食品の味を高めるフォークなど、さまざまなフレーバー関連のデバイスを製造しています。 昨年、自分でテレビの試作品を作ったので、コマーシャル版を作るのに10万円(1210ドル)かかるとのこと。

考えられる用途には、遠隔教育や試飲ゲーム、ソムリエや料理人のためのクイズなどがあります。

読み込み中

宮下氏はまた、ピザやトーストしたパンのチョコレートフレーバー装置などの用途にスプレー技術を使用することについて、企業と話し合っています。

彼は、ユーザーが今の音楽のように世界中からフレーバーをダウンロードして楽しむことができるプラットフォームを作成したいと考えています。

READ  オーストラリアから日本に貨物を輸送する世界初の水素タンカー