9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「硬化ロボット」の役割は、日本の流行の中で重要性を増しています。

日本では、コロナウイルス感染が蔓延する中、家で過ごす個人の仲間としてペットのようなロボットが注目されています。

このようなロボットの中には、ユーザーを快適にリラックスさせるように設計されているものもありますが、ユーザーを支援する特定の機能はなく、感染による以前よりも個人的な接触が少ない住民の孤独を緩和するためにメンテナンス施設に送られます。

ロボットメーカーのユカイ工学株式会社は、2018年にクッション型クーペを発表しました。 ロボットは、ユーザーがどれだけ強くこすったかに応じて「尻尾」を動かします。

犬や猫の尻尾から着想を得て、ペットを飼えない人のためのロボットを作りました。

同社によれば、昨年4月に日本政府が最初のCOVID-19非常事態宣言を発表した後、クーボの売上が増加した。 あるユーザーは、ロボットが自宅での仕事に最適であると述べ、別のユーザーは、ロボットが睡眠の良いパートナーであると述べました。

ユカイ工学は2020年12月、音に反応する久保の小型版を発売した。

日本のエレクトロニクス企業であるパナソニック株式会社は、「のんびりとしたホームメイト」として家庭用の「ニコボロボット」の開発を開始しました。

編み布で覆われたロボットの一般公開を検討しており、徐々に語彙を増やし、「眠っている間」と話すこともあります。

ブランド型のパロロボットを開発した産業技術総合研究所(AIST)は、動物介在療法の研究から「感情」を表現しようと叫びます。

テストでは、Pauloユーザーの認知症と抑うつ症状の改善が示されました。

COVID-19の噴火以来、高齢者向けのケア施設は、住民と家族の間の会合を禁じてきました。 AISTによると、そのような施設や家族の多くは、高齢者が孤立するのを防ぐためにPALOデバイスを提供しています。

AISTの主任研究員である柴田大典氏は、パロ氏は「物理的な接触を通じてペットの(ユーザーの)イメージを想像できる」と語った。

パロは「通常のぬいぐるみよりも人との関係を深め、生活の質を高め、治療効果を高めることができる」と柴田氏は語った。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  米国、日本、韓国は北朝鮮のミサイル実験後の「緊急」対話を呼びかけた