5月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「睡眠は過小評価されている」: 日本人はより良い夜の休息をとるために行動を変えることができるでしょうか?

「睡眠は過小評価されている」: 日本人はより良い夜の休息をとるために行動を変えることができるでしょうか?





1月 2024年21日、福岡県久留米市の久留米大学病院には、人々の睡眠を検査する検査室がある。 【毎日・安達順子】

東京–日本の厚生労働省は2月に発表したガイドの中で、成人は1日少なくとも6時間の睡眠を目指すべきだと述べている。 ガイドの作成に携わった専門家委員会の委員長が睡眠は過小評価されていると述べているように、国民の睡眠習慣は変わるのだろうか?

新しいガイドラインは、東京で開催された2023年12月の研究グループ会議で承認されました。 日本睡眠学会理事長の内村直久久留米大教授は集まった委員に対し「良い内容が揃った。一般にどう広めていくかが重要だ」と語った。

日本の厚生労働省が睡眠勧告を出したのはこれが初めてではない。 2014年の「睡眠ガイドライン」では、「良質な睡眠は生活習慣病の予防につながる」として12の項目を掲げ、睡眠の質の向上と十分な睡眠時間の確保を求めている。

このガイドの新しい特徴は、年齢別に推奨睡眠時間が詳しく記載されていることです。 1日の睡眠時間は、1~2歳で11~14時間、3~5歳で10~13時間、小学生で9~12時間、中高生で8~10時間とされています。 高齢者は、ベッドで 8 時間を超えないようにすることが推奨されます。

これらの推奨事項は、日本の睡眠関連の問題に基づいています。

2013年にスタートした政府の「健康日本21(第2次)」では、睡眠について厳しい目標が設定された。 保健省による 2009 年の調査では、回答者に「過去 1 か月間、睡眠で十分な休息をとりましたか?」と尋ねました。 合計18.4%が「それほど」退職していない、または十分に退職していないと回答した。 政府はこの数字を今後10年間で2022会計年度までに15%に削減することを目指しているが、2018年の調査では対応する数字が21.7%に上昇していることが示された。

経済協力開発機構が2021年に33カ国を対象に実施した調査では、日本人の睡眠時間の短さが反映されている。 日本人の平均睡眠時間は7時間22分で、1時間にも満たない。 合計の平均は 8 時間 28 分です。

日本の最新のガイドラインが「6時間以上の睡眠」を求めているのは、睡眠時間が短すぎると肥満、糖尿病、うつ病などの健康問題のリスクが高まることが最近の研究で示されているためだ。 深い睡眠中には心身の発育に欠かせない成長ホルモンが分泌されると言われており、お子様には長時間の睡眠がおすすめです。

一方で、9時間を超える睡眠ではアルツハイマー病の発症リスクが高まるという最近の研究結果に基づき、専門家らは高齢者の「寝過ぎ」に警鐘を鳴らしている。 内村教授は「寝ている時間が長いと生活習慣病やうつ病、認知症になりやすく、長生きできないというメッセージを集約した」とコメントした。

実際の睡眠時間とは別に、ガイドは起きているときに休んだと感じることの重要性を強調し、「日中にできるだけ多くの日光を浴びることで体内時計が調節され、眠りにつきやすくなる」と指摘している。 そして、「スマートフォンを持ち込まず、できるだけ暗い寝室で寝ることが良質な睡眠につながる」と書かれています。

内村氏は「戦後、日本人は睡眠時間を減らして(勉強に費やし)、経済成長に貢献し、教育水準を上げた。その代償を今、支払っている。平均寿命は長くなったが、寿命は長くなっている」と語った。 「健康であるという期待は低くなります。幸福度も低くなります。私たちは物事を考え直さなければなりません。しなければなりません。」

睡眠環境を改善してもなかなか寝付けない場合は、不眠症や睡眠時無呼吸症候群、睡眠中に脚に不快感を感じるレストレスレッグス症候群などの睡眠障害が考えられます。 ガイドラインでは、このような場合には直ちに医師の診察を受けるよう求めている。 しかし、臨床睡眠専門医は全国に約600人しかいない。 日本には睡眠を専門とする医療機関が約100ありますが、大都市に集中しています。





久留米大学教授で福岡県久留米市の日本睡眠研究協会理事の内村直久氏が1月に語った。 2024 年 11 日に撮影された写真。 【毎日・安達順子】

そして問題は、たとえ近くに専門家がいても、施設が「仮眠室」があると宣伝できないため、適切な医療機関を見つけるのが難しいことだ。 診療科名については医療法施行規則に細かく規定されており、患者が自分の症状に応じて適切な診療科を選択できるが、「眠っている診療科」は認められていない。

GKE大学葛飾医療センター精神神経科の山寺渉医師は「睡眠障害がある人はどこに行けばいいのか分からなくなることがある」と話す。 不眠症やナルコレプシー(過眠症)の患者さんは精神科を受診することが多く、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは呼吸器科、耳鼻咽喉科、循環器科、歯科などを受診することが多く、小児の場合は小児科医を受診することが多いです。

日本睡眠学会は、国民が健康診断を受ける機会を増やすため、医療法の規定に基づく「睡眠単位」を認めるよう厚生労働省に求めた。 しかし、同省と関係学会との協議は十分ではなく、未だに同省からの許可は得られていない。 山寺氏は「適切な治療を受けられない『睡眠難民』にならないよう、睡眠関連の疾患を持つ人を受け入れる体制を整える必要がある」と訴えた。

【安達淳子】

READ  熱帯嵐ルピットが西日本を襲った