5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「氷に乗る前に泣いていた」-日本の三原舞依が4大陸で2度目の金メダルを獲得

日本のスケートスター、三原舞依はタリンでのキャリアの2番目の4大陸で金メダルを獲得し、オリンピックの選考に失望を残しました。 三原は12月に日本人の中で4位に終わった後、来月の北京大会のチームには参加しません。 しかし、彼はエストニアの首都で最高のポジションに戻り、大会全体をリードし、218.03ポイントを獲得してステージで最初にフィニッシュしました。 203.91ポイントでフィニッシュした韓国ペアのイ・ヒインとキム・イェリムは、それぞれ213.52ポイントでシルバーとブロンズを獲得した。 三原にとっては、2017年に金メダル、2018年に銀メダル、2019年に銅メダルを獲得した後、全体で4番目の大陸のメダルになります。 「国民がフラッシュバックのように頭に浮かんだので、今日はとても緊張しました」と彼は言いました。 。

「雪が降る前に泣きましたが、同胞の苦しみを乗り越え、日本に金メダルを持ち帰ることができました。」

一方、男子タイトルは前回のグランプリファイナルで銅メダリストのチャ・ジュンファンに与えられた。

ナンバースケート

グリーンとパーソンズは、トーリンでのアイスダンスの成功でステージを突破しました

2022年1月21日の20:50

この20歳の韓国人は、フリースケートの開始時に、4つの大陸を横断し、4つの大陸の金メダルを獲得した最初の韓国人スケーターになりました。

チャはオープニングの4つ折りループでつまずいたが、いくつかの完璧なループと土地を取り戻すことができた。

彼はフリースケートで174.26ポイントを獲得し、ショートコラムのリードを伸ばし、98.96ポイントの個人ベストで勝ち、合計273.22でフィニッシュしました。

日本のドモノ一樹は、同胞のカウミウラが表彰台を獲得し、彼のキャリアの中で最高のスコアで銀メダルを獲得しました。

死については、2018年の平壌で15位に終わることを目指している国会議事堂インドアスタジアムでさらに15日後に始まる彼のオリンピックキャンペーンの楽観的な見方を後押しします。

ナンバースケート

グリーンとパーソンズは、4つのコンチネンタルフィギュアスケート選手権で素晴らしいスタートを切りました。

2022年1月21日の09:50

ナンバースケート

シニツィーナとカツァラポフがオリンピックで休息をとられて以来、ロシア人はタリンで最高の支配を続けてきました。

2022年1月15日の21:29

READ  大阪メトロが新しい「シャトル」デザイントレインを発表