11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「期待を超える」 – オリオン宇宙船は最初の検査を行います

アルテミス I ミッションの 3 日目に、オリオンは太陽電池アレイを操作し、アレイの端に取り付けられたカメラで月を撮影しました。 探査機は現在、月の半分まで来ています。 彼に起因する:[{” attribute=””>NASA

On the third day of its Artemis I journey, NASA’s uncrewed Orion spacecraft is now more than halfway to the Moon.

“Today, we met to review the Orion spacecraft performance, and it is exceeding performance expectations,” said Mike Sarafin, Artemis I mission manager.

Flight controllers used Orion’s cameras on Friday to inspect the crew module thermal protection system and European Service Module. This was the first of two planned external evaluations for the spacecraft. Teams conducted this survey early in the mission to provide detailed images of the spacecraft’s external surfaces after it has flown through the portion of Earth’s orbit where the majority of space debris resides.

The second inspection is required during the return phase to assess the overall condition of the spacecraft several days before re-entry. During both inspections, the Integrated Communications Officer, or INCO, commands cameras on the four solar array wings to take still images of the entire spacecraft, allowing experts to pinpoint any micrometeoroid or orbital debris strikes. The team in mission control at NASA’s Johnson Space Center in Houston will review the imagery following the survey.

Artemis All Access では、Artemis I の最新情報、ミッションの背後にいる人々とテクノロジー、そして次に来るものをご覧いただけます。 この月周回無人飛行試験は、アルテミスの一部としての有人飛行試験と将来の有人月探査への道を開くでしょう。 クレジット: NASA

過去数日間、チームはロケットの打ち上げに関連する異常な星の追跡データを評価してきました。 スタートラッカーは、オリオン座周辺の星野の写真を撮る高感度カメラです。 画像を組み込みのスター マップと比較することにより、スター トラッカーはオリオンがどの方向を向いているかを判断できます。 チームは測定値を理解し、運用上の変更はありません。

NASA は、スペース ローンチ システム ロケットの上段に取り付けられたループで宇宙に運ばれた 10 台のキューブサットに関連するチームからも最新情報を受け取りました。 スイッチからのタイマーにより、10 個のキューブサットすべてが正常に展開されました。 CubeSats の個々のミッションは、アルテミス I. ミニサテライトとは異なり、それぞれが靴箱ほどの大きさで、その性質上、高リスク、高報酬であり、チームはミッション運用または場合によってはトラブルシューティングのさまざまな段階にあります。

NASA は金曜日にブリーフィングを主催し (下の埋め込みビデオを参照)、オリオンが月の影響圏に到着したことを紹介しました。 タスクをリアルタイムで追跡できます オリオン追跡 月を往復するミッション中は、こちらをご覧ください NASA TV スケジュール 今後のテレビ放映イベントの更新について。 Artemis All Access のエピソード 1 は、ミッションの最初の 3 日間の要約と次に何が起こるかをまとめたものとして、現在利用可能です (上記の埋め込みビデオを参照)。

ヒューストンにある NASA のジョンソン宇宙センターから、NASA はオリオン宇宙船が月の衝突領域に突入する様子と、宇宙船を遠方の逆行月軌道に推進させる 2 つの操作を実演しました。 参加者へのブリーフィングには以下が含まれます。

  • マイク・サラフィン、NASA 本部、アルテミス I ミッション マネージャー
  • ジェフ・ラディガン、NASAジョンソンのフライトディレクター
  • Jim Jeffrey 氏、Orion Vehicle Integration Manager、NASA Johnson

オリオンが月の影響圏に入ると、地球ではなく月が宇宙船に作用する主要な重力になる。 フライト コントローラは、月の重力からの力を利用して宇宙船を加速し、月をはるかに超えた逆行軌道に操縦するために、実行中の電源を切ったフライバイを実施します。 パワード フライバイ中、オリオンは月面に約 80 マイル (約 80 マイル) 近づきます。 4 日後、ヨーロッパのサービス モジュールを使用した別の燃焼により、オリオンは遠方の逆行軌道に投入され、宇宙船システムをテストするために約 1 週間滞在します。

READ  NASAによって資金提供された革新的なフィッションソーラーセイルは、科学を刺激的な新しい目的地に連れて行くことができます