7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「半分愛国者、半分裏切り者」:ワーグナー戦士たちは憤りと不安を抱えて失敗した反乱を思い出す

「半分愛国者、半分裏切り者」:ワーグナー戦士たちは憤りと不安を抱えて失敗した反乱を思い出す

「仲間を撃てるだろうか?」

ヴラドは、ワーグナー・グループの指導者エフゲニー・プリゴージン率いる反乱軍傭兵の船団がモスクワに進軍し、ロシアが内戦の瀬戸際にあるかに見えた6月24日の出来事の最中、この疑問に悩まされた。

元ワグナー戦闘員のヴラドさんは、安全上の理由から名前の変更を求めたが、現在はロシア軍に勤務しているため、かつての戦友たちから首都を守るために派遣されるのではないかと恐れている。

プリゴジンとその部下がベラルーシに亡命するという合意で終わった反乱の余波の中で、モスクワ・タイムズのインタビューに応じた元・現ワグナー戦士4人は、反乱とそれがPMCの将来に与える影響について、異なる見解を共有した。

他の元傭兵と同様に、29歳のヴラドさんも、ロシア国防省との個人的な争いで優位に立つためにロシア兵同士を戦わせたとしてプリゴジンを非難した。

ヴラド氏は「我が国国民に対して、そしてある程度は我が国に対しても武器を向けるつもりはない」と語った。 。 」

「私と同志は国のために戦った。大胆不敵な愚か者や個人的な野望のためではない」とモスクワ出身の元ワグナー傭兵ローマンさん(35)は語った。

ウクライナのバフムート近くのクリノフ村にいるルーマニア人と他のワーグナー傭兵。
個人アーカイブ

ローマンさんは昨年金融業界の仕事を辞め、「市民の義務」という感覚からワグナーに加わることを決意した。

「私の国は戦争状態にあり、傍観しているわけにはいかない」とウクライナの前線で9か月間勤務し、部隊をポパスナからバフムートまで進めた元傭兵は語った。 その功績により、彼はワーグナーの軍事賞の一つである黒十字勲章を授与された。

世界の紛争地帯で何年にもわたって暗躍し、残忍な戦術と権利侵害で評判を得た後、ワグナー・プリゴジン・グループはロシアのウクライナ侵略において非常に公的な役割を果たした。

ローマン氏とヴラド氏は、プリゴジン氏がセルゲイ・ショイグ国防相に対する武装蜂起を宣言し、南部の都市ロストフ・ナ・ドヌの占領を命令したことに衝撃を受けたと述べた。

彼らはプリゴジンの反乱には同意しなかったが、ワーグナーとの対立がそこまでエスカレートするのを許した軍幹部らを非難した。

ヴラド氏は「彼らの不注意のせいで、我が国で最もよく準備された軍隊が損害を被った」と述べ、「プリゴジンの反乱によって引き起こされたワーグナーの評判へのダメージ」に言及した。

「鉄十字が私を100%愛国者にしてくれるとしたら、今の私は半分愛国者で半分裏切り者だ」とローマンさんは語った。

プリゴジンとベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領との合意後、反乱は24時間以内に鎮圧されたが、依然として大きな被害をもたらした。パイロット数名を含むロシア兵約15名が死亡、数台の軍用車両が破壊された。

バフムート郊外にあるローマンの写真。 個人アーカイブ
バフムート郊外にあるローマンの写真。
個人アーカイブ

ローマン氏は「われわれの同志たちは互いに殺し合い、膨大な軍事資産が破壊され、地政学的舞台でロシアの評判が傷ついたことは言うまでもなく、人々は恐怖している」と述べ、具体的な成果を何も達成できなかったプリゴジンの反乱を批判した。目標。

「『寄木細工の』将軍たちはまだそこにいる」とローマン氏は、プリゴジン氏が排除を目指していたとされる腐敗した無能な軍事指導者たちについて言及した。

ローマンやヴラドとは異なり、他の元傭兵たちは、クーデターからわずか1週間後、ワグナー帽とシャツを着てサンクトペテルブルク中心部のネフスキー大通りを歩いていた29歳のマリクのように、プリゴジンへの完全な忠誠を保ち続けたと語った。 スカルのロゴ。

同じくバフムートの戦いの退役軍人であるマリクさんは、自分の服装について「それは禁止されていない。私は今でも祖国の愛国者だ」とコメントした。 彼の腕の破片による傷はちょうど治ったところだった。

元傭兵は「ロストフは二人ともワーグナーとプリゴジンを支持していた」と主張した。 「プリゴジンは正しく話し、行動しており、国のために多くのことをしてくれていますが、ショイグは何の役に立つことも何もしていないと思います。」

傭兵の一部は、すぐに成果は得られなかったものの、プリゴジンの反乱が汚職と無能を非難した国の軍指導部の再編につながることを依然として期待していると述べた。

同じくワーグナーの傭兵であるミハイルさん(32)は、プリゴジン氏の蜂起の定義を用いて、「『正義のための行進』が政府への警鐘となり、政府が変化の時が来たと認識してくれることを願っている」と語った。

ミハイルさんはロシア中央部出身の元工場労働者で、2020年からワグナーグループの一員として中央アフリカ共和国とウクライナで事業を展開している。

ミハイル氏はプリゴジン氏の反乱を「過激すぎる」と批判したが、ワーグナー氏の指導者に対するミハイル氏の称賛はクーデター未遂以来衰えておらず、同氏は「世界最高の軍事組織の指導者であり続けている」と述べた。

ワグナー・グループの運命は今、不確実なようだ。 反乱未遂から数日後、ロシアのいくつかの地域では、ウクライナ戦争のための傭兵の募集が通常通り行われているように見えた。 採用ページ 反乱中に削除された後、ロシアのソーシャルネットワークVKontakteに再び現れた。

ワーグナーグループへの貢献に対してローマンに勲章が授与されました。 個人アーカイブ
ワーグナーグループへの貢献に対してローマンに勲章が授与されました。
個人アーカイブ

しかし、国家院防衛委員会の委員長であるアンドレイ・カルタポロフとしては、 指摘したワグナーは今後、国防省と契約を結ばなければならず、さもなければ国家資金を失い、ウクライナ戦争に参加できなくなる。

7月2日、ワーグナー 発表 ワグナーのウクライナ戦争への「一時的不参加」と彼女の「ベラルーシへの移送」を理由に、地域センターが1カ月間募集を停止していると発表した。

ミハイルにとって、彼の部隊はまだ何も変わっていません。 彼と彼の仲間たちは通常軍への入隊を勧められたが、そうすることは「強制されなかった」し、彼もそのつもりはない。

彼は傷が回復したら部隊に戻る予定だ。

「私たちがどこにいるかは関係ありません。ワグナーPMCはロシアの利益を守るロシア企業であり続けます」とミハイル氏は言う。 「彼らが私たちに行けと言ったところならどこへでも行きます。」

READ  アレクセイ・ナワリヌイ氏は書簡の中で、北極刑務所への移送について説明した