2月 2, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「クワッドコート」マリニンは、ISU グランプリ決勝で日本の宇野を追いかけるルーキーの 1 人です。

公開日: かわった:

トリノ (イタリア) (AFP) – アメリカの10代のイリヤ・マリニンは、木曜日からトリノで始まるISUグランプリ決勝で、日本の世界フィギュアスケートチャンピオンの宇野昌磨を倒すことを目的として、新しいクワッドアクセルジャンプを着氷した後、歴史を作った.

18 歳の男子世界ジュニア チャンピオンであるマリニンは、ニューヨーク州レイクプラシッドで 9 月に開催された US インターナショナル クラシックのフリー スケートで、最も難しい 4 回転ジャンプである 4 回転半のジャンプを成功させました。 .

「クワッドキャット」の愛称で呼ばれるマリニンは、クワッド アクセル ジャンプで再びスケート アメリカを制し、足の怪我にもかかわらず、グランプリ シリーズのフィンランド レグで 1 位になりました。 今シーズンの得点.

グランプリファイナルは、2019 年に開催されたトリノに戻ります。 その後の 2 つのエディションは、Covid-19 のパンデミックによりキャンセルされました。

スターの羽生結弦とネイサン・チェンの陰で何年も過ごした後、3月に初の世界タイトルを獲得した宇野にとって、賭け金は高い。

宇野は、4 度のメダリストに続いて初のグランプリ最終金メダルを目指す中、追われるというなじみのない役割を担っていることに気づきます。

2022 年 11 月 18 日に札幌で開催された ISU グランプリ フィギュア スケート NHK 杯で、世界チャンピオンの宇野昌磨が競います。 © 山崎裕一 / AFP

「ネイサン・チェン、羽生結弦、私は何年も彼らを追いかけてきた」と宇野は言った。 「みんなの標的になり、世界チャンピオンになることは、私にとって少し恥ずかしかったです。

「いつかその時が来ることは分かっていました。しかし、ジャパンオープンでイリヤ・マリニンと対戦しました。彼は想像以上に才能がありました。それは私を興奮させました。」

「彼のような人は、毎日私をやる気にさせてくれます。

「彼は私より7歳年下ですが、スポーツや競技では年齢は関係ありません。」

来週25歳になる宇野は、6人の選手の中でグランプリファイナルに出場した唯一の選手だ。

オリンピック銀メダリストのライバルには、同胞の山本創太、佐藤駿、三浦香央の 3 人と、イタリアのダニエル グラスルがいる。

女子の大会では、世界チャンピオンの日本の坂本花織が、ウクライナでの戦争のために ISU の大会から締め出された 5 人の新人選手と優勢なロシア人と競います。

宇野も坂本も、来年埼玉で世界タイトルを防衛するために、トリノのパラヴェーラで基礎を固めようとしている。

オリンピック銅メダリストの坂本は、世界銀メダリストのベルギーのロナ・ヘンドリックス、今シーズンに入る両方のグランプリ イベントで優勝した日本の三原麻衣、そしてスケート カナダの勝者である渡辺凛香と対戦します。

日本の坂本花織
日本の坂本花織 © 山崎裕一 / AFP

15 歳のアメリカ人で世界ジュニア チャンピオンのイザベル レビトと、韓国の 19 歳のキム イェリムが女子のラインナップを締めくくります。

今年のグランプリ シリーズに出場していないロシア人と中国人を除いて、すべてのチームがペアで初めてグランプリ イベントに参加します。

世界チャンピオンのアレクサ キニリムとブランドン ブレイジャーは、日本の三浦陸と木原竜一から厳しい挑戦を受ける。

2月以来、アイスダンスのオリンピックメダリストは今シーズン出場していません。

2014 年、2015 年、2019 年のイベントで銀メダルを獲得した後、アメリカ人のマディソン サックとエヴァン ベイツは、最初のグランプリ最終タイトルを目指します。

スケジュール

12月8日木曜日

ジョディショートプログラム (1820GMT)

男子ショート プロジェクト (1935)

12月9日金曜日

ペアフリースケーティング決勝 (1635)

アイスダンス – リズムダンス (1850)

ガールズショートプロジェクト (2000)

12月10日(土)

男子フリースケーティング (1230)

アイスダンス フリーダンス (1840)

女子フリースケーティング (2000)

READ  日本vsオーストラリア:ライブスコアアップデート(2-1)| 2021年10月12日