2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

USエアウェイズの地上作業員、「エンジンに挿入」されて死亡、NTSBは言う-NBC 5ダラス-フォートワース

アメリカン航空の従業員が土曜日、アラバマ州のモンゴメリー地域空港に駐機していた飛行機の「エンジンに足を踏み入れた」ために死亡した、と国家運輸安全委員会は述べた。

WSFA-TVによるとNTSB によると、エンボイ/アメリカン イーグル エンブラエル 170-200 LR はパーキング ブレーキが設定された状態でゲートに停車し、地上係員が何らかの形で飛行機のエンジンの 1 つに引き込まれました。

KRLDラジオが報じた グランドアテンダントは手荷物取扱人でしたが、航空会社はまだ事件に関する公式声明を発表しておらず、従業員を特定していません.

空港のCEO、ウェイド・デイビス 彼は日曜日の声明で言った 彼らは「AA/ピエモンテ航空のチームメンバーの悲劇的な死を聞いて悲しんでいる」、「この困難な時期に、私たちの思いと祈りは家族とともにある」と述べた.

事故に関する詳細はまだ入手できておらず、国家運輸安全局は、最初の衝突報告は今後2〜3週間以内に予定されていると述べた.

フライト 3408 は、土曜日の午後 3 時頃に DFW に向けてモンゴメリーを出発する予定でした。 空港は事故後に運用を停止したが、土曜日の午後8時30分頃にサービスを再開した。

FAA と NTSB による調査が進行中です。

READ  ダウ・ジョーンズは800ポイント上昇し、新しいデータが米国のインフレがピークに達している可能性があるという希望を高めている