5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

StreamlineMediaGroupが日本にオフィスを開設

スポーツ開発サービスプロバイダーのStreamlineMediaGroupは、日本の東京に新しいオフィスを開設しました。

新しいオフィスには、プロジェクトの合理化を支援する社内のスポーツ開発チームがあります。

Streamlineはこれまで、カプコン、スクウェア・エニックス、コジマプロダクション、フロムソフトウェア、ソレイユゲームの改善をサポートしてきました。

新しいチームを率いるために、Streamlineは梶原健二を日本の総支配人兼会長に任命しました。

ガジワラは以前、日本およびアジア向けソニー・インタラクティブエンタテインメントのサードパーティリレーションズ担当副社長を務めていました。 彼は業界で20年以上の経験があり、PlayStationのチャイナヒーロープロジェクトなどの多くのイニシアチブを担当し、Streamlineがパートナーであった中国のスタートアップをサポートしています。

Streamlineでは、東京で開発チームを編成し、新しいパートナーシップを探し、同社の確立された日本のパートナーをサポートする責任があります。

Streamline MediaGroupのCEO兼共同創設者であるAlexanderFernandezは、次のように述べています。

「日本のゲームエコシステムへの投資は、この地域へのコミットメントを再確認するための次のステップです。

仕事についてのニュースがある場合、または電話をかけたい新しい賃貸物件がある場合は、[email protected]までご連絡ください。

READ  コールドジャパン:オックスフォードの研究者が犯罪と日本のポップカルチャーのつながりを探る