1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Omicronが老人ホームを引き裂くにつれて、日本の高齢者のCovidによる死亡が増加します

政府の統計によると、1 月 11 日、国は厳しい新記録を打ち立てました。 過去 1 か月に死亡した人の 90% は 70 歳以上であり、世界の高齢者人口の重要なグループです。

日本感染症学会のダデダ・カズヒロ会長は、「日本は現在、新型コロナウイルスによる死亡者数が世界で最も多い。 彼の見解では、説明は単純でした。感染性の高い B5 Omicron バリアントです。

「B5株は世界中に非常に急速に広がり、日本でもそうです」と彼はテレグラフに語った. 「高齢者やその他の基礎疾患を持つ人々のための長期介護施設で変異体が取得された場合、特に驚くべき数のケースが見られました.ウイルスがこれらの施設に到達すると、急速に広がりました.

「これらの人々は、特に80代または90代の場合、ウイルスに耐えることができず、死亡する可能性が高くなります.

東京財団政策研究所の国際保健政策責任者である渋谷健司教授は、日本が制限を緩和し続け、感染者数が多いことを考えると、死亡者数の増加は驚くべきことではないと述べた。

「なぜ日本でCovid-19の死者が増えているのか? 明らかな理由は、感染者数が多すぎることだ」と彼は言った.

それにもかかわらず、彼は「地元の診療所や施設での地域医療へのアクセスの欠如」が死亡の増加に寄与している可能性があると示唆した.

日本の伝染病法の下で、Covid-19 は第 2 種疾病に指定されています。つまり、患者は、陽性と判定された場合にのみ、指定された施設で治療を受けることができます。

満室と人手不足

渋谷教授は、かなりの数の死亡者が、Covid-19に感染すると悪化する基礎疾患を持つ脆弱な老人ホームの居住者であると述べました。 場合によっては、地元の施設で見られないため、ウイルスや既存の問題のために健康状態が悪化します。 結果は生命を脅かすものです。

「季節性インフルエンザのように、Covid-19をカテゴリー2からカテゴリー5に移動するかどうかについては、激しい議論があります」と渋谷教授は述べた. 「私の意見では、カテゴリー2に固執する意味はありません…しかし、公衆衛生関係者と保健省はそれに反対しています。」

これは、医療制度への圧力によるものです。 北海道医療大学の感染制御専門家である塚本洋子教授によると、日本の病院は病棟がいっぱいで、医療従事者が深刻に不足しているため、感染した高齢者は老人ホームで治療するしかありません。

「最近の感染の増加は、主に高齢者が治療を受けている介護施設や病院に影響を与えています」と彼は言いました。 「しかし、病院は事実上圧倒されたため、ほとんどの人は自分が住んでいたケアホームにとどまらなければなりませんでした.

「病院に入院する代わりに、彼らが知っていて快適に感じる環境に満足しているので、それが問題に対する最良の答えだと思います。」

日本の明らかに死亡者数の増加の背後にあるもう 1 つの要因は、統計と「死因の誤分類」に帰着します。

「これらのほとんどは [deaths] 舘田博士は、「高齢者やその他の病気を抱えている人は、感染症にかかりやすく、Covid が 2 番目または 3 番目の死因になることが多い」と述べた。

専門家は、全体的な症例数が無慈悲になり、致死率の上昇を信じるのが難しくなっていると指摘しています。

READ  2人のアフガニスタン選手が東京オリンピックに参加