7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Nvidia のことは忘れてください: 代わりに買える 3 つの人工知能 (AI) 株

Nvidia のことは忘れてください: 代わりに買える 3 つの人工知能 (AI) 株

AI 運動の次の章の勝者について考え始める時期が来ました。

テクノロジーの巨人であることは否定できません エヌビディア (NVDA 3.55%) 過去 18 か月間、多くの投資家が人工知能 (AI) の流行に参加するために好んで使用してきた方法です。 そしてこれは真実です。 そのプロセッサは、ほとんどの AI プラットフォームのバックボーンを形成します。

よくあることですが、時間と現実が Nvidia に追いつきつつあります。 ライバル各社は市場シェアの差を縮めようと懸命に取り組んでおり、(その差はすでに非常に大きいため)Nvidiaの加速する成長ペースは鈍化する見通しだ。 同社の株は、ある意味では非常に割高でもあり、一部の投資家は短期的にどこまで株価が上昇するか疑問を抱いている。

翻訳: AI 革命の次の段階に投資する別の方法を探し始める時期が来たのかもしれません。 ここでは、Nvidia の代わりに (または少なくとも Nvidia に加えて) 検討すべき他の 3 つの AI 銘柄を紹介します。

1. パランティア・テクノロジーズ

AI に関する経験 (および認識) が、OpenAI の ChatGPT、Alphabet の Google Gemini などの使いやすいチャット プラットフォームに限定されている場合… マイクロソフトCopilot さん、あなたもこれらがスマート アプリであることに同意するかもしれません。 しかし、生成 AI は、業界全体の基盤となるべきテクノロジーとはまったく似ていません。

ただし、これらの AI を活用したチャットボットが AI ソリューションを販売する唯一の方法ではありません。 ゼロから構築された AI プラットフォームは、業界や組織にとってゼロから市場性が高く、山のようにデジタル データを選別して、より適切な情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。

入る パランティア・テクノロジーズ (ベルター -0.34%)、この新興業界の主要プレーヤーとなっている独立系 AI ソフトウェア (AI ベースの意思決定ソリューションのみを意味する) の名前です。 昨年の同社の事業は22億ドルで、そのうち純利益は2億ドル強だった。

これは、特に時価総額が500億ドルを超える企業にとっては大した金額ではない。 ただし、ここでの上昇の鍵は、これらの結果の軌道です。 アナリストらは、パランティアの売上高が今後数年間で年間20%以上の割合で成長し、新興企業を赤字から大きく脱却し、大幅な黒字に押し上げるほどの規模を生み出すと予想している。

この予想される成長は、意思決定プロセスにおいて AI が実行できるすべてのことに対価を支払う意欲の高まりによって推進されています。 テクノロジー市場調査会社プレシデンス・リサーチは、AIソフトウェア市場が2032年まで年率23%で成長すると予想している。

Palantir Technologies はすでにネットワーク名を含む多数の著名なクライアントにサービスを提供しているため、 シスコシステムズ米陸軍とエネルギー大手 エクソンモービル、この成長の少なくとも相当のシェアを獲得できる立場にある可能性は高いです。

2.イオンQ

シリコンベースのバイナリ コード コンピューティングは数十年前から存在しています。 割り当てられたタスクがより複雑になるにつれて、それはさらに発展しました。 しかし、私たちは、ソフトウェアの専門家が思い描いて作成できるような種類のものを、一般的なコンピューティング ハードウェアではもはや処理できない段階に達しています。 シリコンの代わりに素粒子を使用してデジタル情報を解釈および計算する量子コンピューターは、コンピューターの新たなフロンティアです。 この比較に意味がある限り、量子コンピューターは、実行するタスクに応じて、古典的なコンピューターよりも数百万倍ではないにしても、数千倍高速になる可能性があります。 もちろん、これは人工知能にとって大きな影響を及ぼします。

イオンQ (イオン性 1.02%) 同社は、これらのコンピューティング プラットフォームを開発している数少ない企業の 1 つです。 実際、すでに開発および販売されています。 今はちょうど改善されました。 現在開発中の IonQ Tempo プラットフォームは、64 チップの超電導埋め込み量子ビット チップ (量子コンピューターのコンピューティング機能の中心要素) を使用します。これに対し、2020 年に発表された IonQ Harmony では、チップあたりわずか 11 個の量子粒子が使用されていました。

ただし誤解しないでください。 世界 いいえ 次世代テクノロジーが待たれます。 同社はすでに多くの有料顧客と開発パートナーを誇りにしています。 ロッキード・マーチン マイクロソフトの場合 エアバス いくつか例を挙げると、オークリッジ国立研究所へ。 第 4 四半期の売上高はわずか 760 万ドルですが、前年同期比では依然として 77% 改善していますが、同社の大きな妨げとなっているのは、より多くのシステムを構築し、より多くのサービスを提供する能力の不足です。 ただし、需要に応えたものです。 Precedence Research は、量子コンピューティング市場が 2030 年まで年間平均成長率 37% で拡大すると予想しています。

確かに、ここには平均以上のリスクがあります。 これは、量子コンピューティングがまだ比較的若い科学であることを意味します。 その景観は、近い将来も遠い将来もほとんど変わらない可能性があります。

ただし、期待される報酬はこのリスクを測定します。 IonQ の現在のコンセンサス目標株価は 14.98 ドルです。 これは現在の株価より85%高い。

3. アップル

そして最後に重要なことを追加します りんご (キャメル 2.86%) Nvidia以外で購入できるAI株のリストは次のとおりです。 これは一部の投資家を驚かせるかもしれない提案だ。 同社は米国で最も収益性の高い上場企業であるのには理由がありますが、AI 分野では主要なプレーヤーとは見なされていません。 (サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは世界で最も利益を上げている企業である。)

しかし、これは変わろうとしています。 2月の株主総会でティム・クック最高経営責任者(CEO)は「Appleシリコンを搭載したすべてのMacは非常に有能なAIマシンだ。実際、今日の市場にはこれより優れたAIコンピューターはない」と述べた。 クック氏はまた、生成人工知能におけるアップルの取り組みも強調した。 この目的のために、彼はまた、今年後半にAIのテクノロジーを通じてAIの新しい機能を探すよう世界に要請した。

それが何を意味するかは、当時は完全には明らかではありませんでしたが、詳細は徐々に明らかになりつつあります。 たとえば5月には、同社が(Nvidia製のようなサードパーティチップに依存するのではなく)独自のAIデータセンタープロセッサに取り組んでいるという報道が浮上した。 そして今週開催された年次開発者カンファレンスで、同社はOpenAIのChatGPTが間もなく新しいAppleデバイスと統合できるようになると発表した。 おそらく最も注目に値するのは、Apple が新しい人工知能製品の使用を通じて個人データを収集または保存しないことをクック氏が明言したことでしょう。

一見したところ、投資家はあまり興奮していませんでした。 彼らは、これらの機能や将来の AI を活用した機能について、さらに多くのことを期待していました。少なくとも、より詳細な情報を期待していました。 しかし24時間後、このニュースを受けて株価は6%上昇した。

初期の株トレーダーのようにならないように、また Apple が発表したばかりのことを過小評価しないでください。 これはまさに、熱心な Apple ファンのグループが iPhone をアップグレードする前に待ち望んでいたものかもしれません。 そのため、ブレッドセーバーの売上がついに再び増加しても驚かないでください。 これは、Apple のより大きな AI への野望を垣間見るだけかもしれません。

アルファベットの幹部であるスーザン・フライは、モトリーフール社の取締役会のメンバーです。 ジェームズ・ブロムリーにはアルファベットのポジションがあります。 モトリーフール社は、Alphabet、Apple、Cisco Systems、Microsoft、Nvidia、Palantir Technologies にポジションを持ち、これらを推奨しています。 モトリーフール社はロッキード・マーティンを推奨しています。 モトリーフール社には開示ポリシーがあります。

READ  株価は急落し、石油価格は下落しています。 テスラが迫るGameStopネジ