2月 1, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASAのチーフは、中国が新しい「宇宙競争」に勝てば、月面着陸を主張できると警告している

NASAの最高幹部は、米国は新しい領域にあると言います 宇宙開発競争 中国とともに 彼は、中国の勝利は、月の広大な領域を「所有」するという国の主張につながる可能性があると警告した.

元宇宙飛行士でフロリダ州の上院議員である NASA 長官のビル・ネルソン氏は、中国が最初に存在を確立すれば、月の最も資源が豊富な地域を包囲することは完全に可能であると警告した、とポリティコは日曜日に報じた。

「それは事実です。私たちは宇宙競争に参加しています」と彼はアウトレットに語った. 「そして、彼らが科学的研究を装って月面に到達することはないと警告したほうがよいのは事実です。彼らが『立ち去れ、私たちはここにいます私たちの領土です。」

ネルソンは続けて、中国政府が他国に属する領土に対する主権を日常的に主張している南シナ海での中国の侵略を指摘した.

月を周回する NASA スペース カプセル

2022 年 11 月 15 日にケネディ宇宙センターでアルテミス I ミッションの最終準備が行われる中、NASA 宇宙発射システム (SLS) ロケットがオリオン宇宙船とともに発射台 39B に立っています。
(ポール・ヘネシー/アナドル・エージェンシー、ゲッティイメージズ経由)

中国の急成長する宇宙計画は成功した 新しい宇宙ステーションを作成する 今年初め。 一方、NASA は月への一連のアルテミス ミッションに取り組んでいます。

「予期せぬ損失」の後、NASAは宇宙船の通信が回復したと言います

26日間のミッションのために11月に打ち上げられたArtemis I 月面の写真を撮り、 また、アルテミス II と III のミッションは、より確立された月面活動に向けて進んでいます。

NASA は火星にも焦点を当てていますが、数台のロボット ローバーを火星に送り、火星の土壌、大気、および有人ミッションの潜在的な着陸エリアに関するデータを収集しています。

アルテミス I ミッションの 6 日目に、オリオン光学航法カメラは月面下のクレーターの白黒画像を撮影しました。

アルテミス I ミッションの 6 日目に、オリオン光学航法カメラは月面下のクレーターの白黒画像を撮影しました。
(NASAジョンソン)

NASA が提供するこの画像では、2022 年 12 月 11 日日曜日、月への 25.5 日間のミッションの後、アルテミス 1 ミッションのオリオン宇宙船が太平洋に離陸します。

NASA が提供するこの画像では、2022 年 12 月 11 日日曜日、月への 25.5 日間のミッションの後、アルテミス 1 ミッションのオリオン宇宙船が太平洋に離陸します。
(AP経由のNASA)

アルテミスは12月に地球に帰還し、太平洋に飛び散った。

FOX NEWSアプリはこちら

宇宙飛行やその他のミサイル技術への中国の投資は、米国とロシアとの継続的な軍拡競争の中で行われ、現在 3 か国すべてが極超音速兵器を開発しています。

READ  Rocket Lab が 12 月 19 日に米国本土から初の打ち上げを試みた様子をご覧ください