4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASAと日本が世界初の木製人工衛星を打ち上げ世界のニュース

NASAと日本が世界初の木製人工衛星を打ち上げ世界のニュース

ニューデリー – 日本と米国は今夏、世界初の木製衛星探査機リグノサットを宇宙に打ち上げる計画を立てている。

この珍しい宇宙船はマグノリアの木で作られており、実験中に特に安定していて割れにくいことが判明しました。 ガーディアン紙は、日本の科学者らが木製人工衛星を製作し、現在米国もその任務の一部として、米国のロケットで打ち上げられる人工衛星の最終仕上げを行っていると報じた。

増大するスペースデブリ問題に取り組む先駆的な取り組みとして、京都大学の研究者らは伐採会社住友林業と協力して木製人工衛星を建造した。 彼らは、金属の代替品である生分解性素材を使用するというアイデアを思いつきました。

日本人宇宙飛行士であり、京都大学の航空宇宙技術者でもある土井隆雄氏は最近、「地球の大気圏に突入するすべての人工衛星は燃え尽き、小さなアルミナ粒子が生成され、それが長年にわたって大気圏上空に浮遊することになる」と警告した。 「最終的には、これは地球環境に影響を与えるでしょう。」

この問題に対処するために、京都の研究者たちは、木材の種類を評価して、宇宙打ち上げや地球周回軌道での長時間飛行の過酷さにどれだけ耐えられるかを判断するプロジェクトを立ち上げました。 最初のテストは宇宙の状態を再現した実験室で行われ、木材サンプルには測定可能な質量の変化も、腐敗や損傷の兆候も見られなかったことがわかりました。

「このような条件に耐える木材の能力に私たちは驚きました」とプロジェクトリーダーの村田耕二氏は語った。

どうしてそれが重要ですか?
最も重要なことは、それが生分解性材料であるということです。これは、環境に優しく、今後 2000 年で絶滅する可能性がある非生分解性材料に代わる最良の代替品であることを意味します。 これは、非生分解性物質が消滅した後でも、人工衛星やその他の物体が機能する可能性があるという希望を再燃させることになるだろう。

広がる


カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の研究者らは最近、人工衛星の再突入によるアルミニウムが、太陽の紫外線から地球を守るオゾン層の深刻な破壊を引き起こす可能性があり、大気を透過する太陽光の量にも影響を与える可能性があることを明らかにした。 そしてそれは地球に到達するとガーディアン紙は報じている。

しかし、これは、LignoSat のような木製の人工衛星では問題にはなりません。衛星は、任務を終えて大気圏に再突入する際に燃え尽きても、生分解性の灰の細かい霧が発生するだけです。

READ  InSight からのデータは、火星には全液体の核と内部質量異常があることが示されています