3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA、小型宇宙ライドシェアミッションの開始にSpaceXを選択

NASA、小型宇宙ライドシェアミッションの開始にSpaceXを選択

ワシントン — NASAは、2025年のライドシェアミッションの一環として、宇宙天気を研究するための小型衛星2機の打ち上げにSpaceXを選定した。

NASAは9月29日、スペースXに対し、地球低軌道から宇宙天気と磁気圏を研究する一対の小型衛星であるタンデム・リコネクション・アンド・スペース・エレクトロダイナミクス・リコネサンス(TRACERS)偵察衛星を打ち上げる任務を与えたと発表した。

NASAは2019年にTRACERSを小型太陽物理探査機(SMEX)ミッションとして選定し、その費用はわずか1億1,500万ドルでした。 当時、これはSMEXの別のミッションであるコロナと太陽圏を統一する旋光計(PUNCH)の二次ペイロードとして打ち上げられる予定だった。 しかし、2022年8月、NASAは、パンチが2025年に同局の天体物理学、宇宙の歴史、再電離時代、氷探査のための分光光度計(SPHEREx)ミッションと同じファルコン9ロケットに乗って飛行すると発表した。

NASAのトレーサー打ち上げ発表では、ファルコン9以外の打ち上げ方法については言及しておらず、打ち上げ日も明記していない。 NASA広報担当者のレジェイ・ロックハート氏は9月29日、トレーサーは、遅くとも2025年4月までに太陽同期軌道に投入されるライドシェアリングミッションの主要ペイロードとなると述べた。

ベンチャークラスの専用・ライドシェア契約(VADR)を通じて行われたこれまでの落札と同様に、NASAは、そのような情報は「競争に敏感な情報」であり、将来のミッション注文の入札に影響を与える可能性があるとして、ミッション注文の価値について言及することを拒否した。 政府調達データベースによると、NASAは9月26日にSpaceXのVADR契約に359万3,000ドルを追加したが、それをTRACERSミッションの発注と明示的に結び付けていなかった。

太陽同期軌道に投入されると、2つの探査機は、力線が北極と南極に曲がる地球磁気圏の極境界を繰り返し通過し、太陽風と地球磁気圏の間の磁気リコネクションとして知られる相互作用を研究します。 。 。

このミッションは、同じくアイオワ大学のクレイグ・クリッツィング氏が8月に亡くなった後、主任研究員に就任したアイオワ大学のデイビッド・マイルズ氏が指揮する。 この宇宙船はミレニアム・スペース・システムズによって製造されている。

READ  地球は24時間以内に自転を完了し、最短日で再び墜落します