7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

K-Tunes Ferrariがジャパンカップでダブルポールを獲得

K-Tunes Ferrariがジャパンカップでダブルポールを獲得

ルビーレッドの#98 K-Tunes Racing Ferrari 296 GT3は、富士でのSROジャパンカップ予選で止められなかった。ドライバーの山脇大介と高木真一が土曜午前の両方のセッションをリードした。

これは確かにGT3におけるレース1のポールポジションを巡る最も接戦となり、セッション中のトップ3ドライバーの差はわずか0.065秒であった。

しかし、98号車フェラーリの山脇のベストラップ1分41秒024は、7号車コメット・レーシング・フェラーリの辻子頼勝と、9号車ビンゴ・レーシング・ゴールウェイ・コルベットC7 GT3-Rの高見元樹の挑戦を振り切るのに十分だった。

高見はGT3初レースを#55マキナ・レーシング・チーム・マクラーレン720S GT3の植松忠夫に先んじて3番手からスタートする。

K-Tunes Racing レース2はポールポジション獲得の本命かと思われたが、唯一の問題は新田守男か高木真一か?

ニタさんは当初は前向きだった。 コース制限により1分39秒927のラップタイムを落としたが、1分39秒381で巻き返し暫定ポールを獲得した。

しかし、最後のフライングラップで高木は1:38.627という驚異的なタイムを記録し、98号車フェラーリをジャパンカップ連続レース中4回目のポールポジションに導いた。

実際、高木のラップは非常に速かったため、GTワールドチャレンジ・アジアのレース2では、アレッシオ・ピカリエッロとジャクソン・エバンスのベストラップの間に位置する6番グリッドに位置することになる。

ニタは#96 K-tunes Lexus RC F GT3で2位となった。 武井慎二選手は#9 Bingo Racing Corvetteで予選3位、浜賢二選手は#47 D’station Racing Aston Martin Vantage GT3で4位フィニッシュと健闘した。

GT4の予選は両レグともHojust Racing GR Supra GT4を駆る#38 和歌山トヨタが#39 Toyota Gazoo Racing India GR Supraを上回った。

まず、GT4ルーキーの樋口典之がレース1予選でハリダルマ・マノッポを0.2秒上回り、#50 Y’Z R​​acing BMW M4 GT4の藤井裕樹が3位となった。

そして、ちょっとした番狂わせで、TGR-DC レース 2 のポール獲得が最も期待されているウレベ和久選手が、コンマ 1 秒の差で須廣猛選手に敗れました。 3番手には#82 Sunrise BLVD Porsche 718 Cayman GT4の藤原大樹が入った。

レース1は本日日本時間午後3時30分(現地時間)にスタート。

画像 © SRO モータースポーツ グループ アジア

READ  有料ストリーミングサービスへの切り替えは、日本のサッカー日本代表との関係を妨げています