5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] チームファーストのプレーで躍動する宇都宮ブレックス

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] チームファーストのプレーで躍動する宇都宮ブレックス

全文を読む スポーツルック – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] チームファーストのプレーで躍動する宇都宮ブレックス

タイトルを追う宇都宮ブレックスにとって、1月21日から4月10日までの21連勝は、Bリーグチームの才能と層の厚さに明らかな注目を集めた。

4月10日(水)、ブレックスの選手5人が訪問先の群馬クレインサンダーズを89対77で破り、チーム21勝目を挙げて2桁得点に到達した。 上級警備員 渡辺裕典3ポイントシュート8本中5本を沈め、シーズンベストの19得点で得点王に輝いた。

4月13日土曜日、北海道立スポーツセンターでレバンガ北海道に79対71のロード負け(16対36)でブレックスの壮大な連勝記録は止まった。

宇都宮(44勝8敗)は60試合のシーズン中、3分の1以上の試合で連勝している。 この注目すべき連勝記録は、1月20日に沖縄アリーナでブレックスが前回王者・琉球ゴールデンキングスに68-66で敗れた翌日から始まった。 74-68の逆転勝利でその雪辱を果たした。

それからほぼ3か月が経ち、ブレックスの佐々則夫監督率いるチームは、2022-23シーズンに千葉ジェッツが樹立したBリーグ1部の連勝記録(24)に近づいている。

ブレックスが札幌でのレワンガとのシリーズ開幕戦で敗れたことを受け、サッサ監督は最終結果に失望を表明した。

しかしサッサ監督は記者団に対し、「この勝利は、これまで頑張ってきた選手たちの勝利だ。この試合で個人的に思うことはたくさんあるし、チーム一丸となって戦いたい」と語った。

土曜日、北海道は第1Qと第4Qで宇都宮を45対33で破った。

ブレックスは日曜日に同じ会場でレワンガとの週末シリーズを終える予定だ。

広告


いしかわ観光バナー
宇都宮ブレックス
4月10日、Bリーグチームの21連勝中、宇都宮ブレックスのガード斑鳩聖司が3ポイントシュートを放った。 (Bリーグ)

G7サミットバナー

対称的な攻撃陣は宇都宮プリクスで構成

ブレックスの 21 試合無敗記録を振り返ると、興味深い詳細がチームの多彩な攻撃を表しています。 6 人の異なる選手が、勝利に至るまでに少なくとも 1 回は得点してチームをリードしました。

アメリカのシニアガード、DJ・ニュービルが9得点で得点王となり、これに続く。 アイザック・フォーデ (4回)、グランジャレッド3回、平島誠と新谷広人(2回)、渡辺(1回)。

興味深いことに、クラブでは3試合以上連続でゴールを決めた選手はいない。 実際、21試合連続中、3試合連続で高得点を記録しているのはニュービルだけだ。 2月の中断を経てシーズンが再開すると、2月10日と11日の長崎ヴェルカ戦、3月2日のFIBAアジアカップ予選サンロッカーズ渋谷戦で28、19、23得点を記録し、まさにそれを達成した。

ブレックスの高得点者が連勝記録を通して証明しているように、チームは得点の負荷を担うのに 1 人や 2 人の選手に依存していません。

これにより、それらを保護することが非常に困難になります。

宇都宮ブレックス
宇都宮のフォワード、アイザック・フォトゥは4月7日、ブレックスアリーナ宇都宮で秋田ノーザンホピネッツと対戦する。 (Bリーグ)

反発荷重は全員で負担します

60試合中52試合に出場しており、チームワークへの献身によって定義される宇都宮の全体的なバランスは統計からも明らかだ。 数字は物語を語ります。 ブレックスの復活を考えてみましょう。これは複数のプレーヤーが効果的に分担するタスクです。 ジャレッドが1試合あたり6.7リバウンドでチームトップとなり、フォトゥ(6.2)、ギャビン・エドワーズ(5.3)、ニュービル(5.0)、竹内公輔(4.3)が続く。

また、スコアリングの負荷は完全なタスクとして処理されます。

ニュービルが首位に立っている(1試合あたり16.9得点)。 ヒジマ (12.7)、フォトゥ (12.2)、ジャレッド (10.5) も平均 2 桁得点を記録しました。 遠藤祐亮は平均8.1得点、エドワーズは平均7.8得点。

宇都宮ブレックス
ブレックスのガード、T.J. ノーザン・ホピネッツのビッグマン、ハビエル・カーターが4月7日のニュービルで三塁打を達成した。 (Bリーグ)


カリコムバナー

Bリーグ​​のベストチーム

ブレックスは、4月13日現在、Bリーグで35勝以上を挙げている5チームのうちの1つで、アルワーク東京、サンエヌネオフェニックスと並んで2番目に良い記録(42勝10敗)で並んでいる。 琉球が38-14、名古屋ダイヤモンドドルフィンズが35-17で7連勝。

SportsLook で野球、相撲などを網羅した全文を読み続けてください。

関連している:

著者: エド・オーディン

エドで調べてください 日本フォワード専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 今週の、X(旧Twitter)。 @ed_odeven

広告


いしかわ観光バナー

READ  日本のセブン&アイ、倉庫・西武部門をロイター経由で米ファンドフォートレスに売却へ