5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Japan Gold Corpは、2022年の研究プロジェクトの立ち上げにより、日本のIgudaharaプロジェクトにおける質の高い機会を強化しています。

ジャパンゴールド(TSX-V:JG) Corpは、日本の北海道にあるIgudaharaプロジェクトで、2022年の探鉱プロジェクトの立ち上げを発表しました。このプロジェクトは、最初の7,000メートル(m)の掘削やその他の可能な地表プロジェクトで、いくつかの高品質の機会を改善することを目指しています。

同社は、ターゲットオプションの柔軟性を提供し、掘削穴間の時間を短縮するために、現在3つのリグを掘削しているRyuoProspectの掘削を開始したと述べました。

約3,500mのダイヤモンド掘削センターの最初の8つの掘削穴は、11穴の2021ドリルプロジェクト中に遭遇した高品質の接合部の連続性をテストし、1.2kmの長さのオープンエンドシフトで複数のターゲットを探索するために進行中です。 廊下。

読む:ジャパンゴールドは、バリケードアライアンスの初期評価フェーズの6か月の延長を発表しました

Ryuo Opportunityでの2021年のトレーニングプログラムのハイライトは、1トンあたり6.3 g(g / t)の金と15.7 g / tの銀、4.9mで12.1g / tの金、33 g/tの銀で20gです。高麗人参神経。 。

ジャパンゴールド(TSX-V:JG) リサーチ担当バイスプレジデントのアンドリュー・ロウ氏は、同社は昨年のリオでの掘削からの刺激的な質の高い会議を拡大する準備ができていると語った。

「ジンジャ神経の幅とグレードから深さへの劇的な増加は、大きな可能性を示しており、歴史的な機能がよく保存された表皮系の表面を引っかいただけであることを示しています」とロウは言いました。

「同様に、琉球南西部と琉球地域の鉱化噴火角礫岩の下にある深い神経標的の兆候が示しています。」

同社によれば、Ryuoプロジェクトが完了すると、約3,500mをカバーする追加の7つの掘削穴が、Kidano-OとSaromaの機会に置き換えられます。

これらのプロジェクトの成功に基づいて、追加のドリルメーターが割り当てられます。

2022年の同社の地表探査計画には、2021年に完了したRyuoおよびKitano-oの機会における土壌相の拡張が含まれています。

ジャパンゴールド(TSX-V:JG) カナダ鉱物研究所は、北海道、本州、九州の3つの主要な島での金の探査に焦点を当てています。

[email protected]でエミリーに連絡してください

Twitterで彼女をフォローするemilyjjarvie

READ  バイデンがヨーロッパに制裁をもたらすにつれて、ドルは上昇し、ユーロは下落している