12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

IAEAは、ウクライナ発電所周辺の原子力安全地帯の設立は「緊急」であると述べています

IAEAは、ウクライナ発電所周辺の原子力安全地帯の設立は「緊急」であると述べています

  • 国際原子力機関の事務局長は、ザポリージャ原子力発電所が土曜日に容量を失ったと発表した。
  • この地域での戦闘による爆撃の結果、ステーションは予備のディーゼル発電機に改造されました。
  • 国際原子力機関の事務局長は、安全地帯の設置は「絶対的かつ緊急の必要性」であると述べた。

国際原子力機関の事務局長は土曜日、ザポリージャ原子力発電所の周りに安全地帯を作ることが「絶対的かつ緊急の必要性」であると警告した.

IAEA 事務局長 Rafael Mariano Grossi は、IAEA 事務局長 Rafael Mariano Grossi は、次のように述べています。 彼はプレスリリースで言った。

発電機には 10 日間十分な電力があり、Grossi 氏は「ディーゼル発電機に利用できる燃料の在庫を増やす努力が進行中です」と述べました。

「発電所の唯一の外部動力源を襲った爆撃の再開は、非常に無責任だ」とグロッシは声明の中で述べた。 「ザポリジャ原子力発電所は守らなければならない」

ロシアがボイコットを発表した後、過去数日間、ザポリージャで戦闘が激化した。 さらに3つのウクライナの州、9 月 30 日にロシアの一部です。 キエフのロシア軍が主張するように ZNPPゼネラルマネージャーが誘拐されました この地域での最近の戦闘中。

絶え間ない力の源 原子炉の冷却に必要 核のメルトダウンを防ぎます。 原発事故の危険はすでに過ぎ去った ウクライナ軍は躊躇している ザポリージャで戦う。

グロッシは、ウクライナとロシアに行き、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領とロシア連邦の両方と、「核事故」を防ぐための核安全とセキュリティ保護ゾーンの創設について話し合うと発表した。

ヨーロッパ最大の原子力発電所である ZNPP 周辺の爆撃は、以前に引き起こした 破滅 建物の外へ、エネルギーが生まれる 切断する、そして部分的な力を引き起こす 近い.

8月、ZelenskyはZNPPの近くでロシアの爆撃があったと主張した それは「放射線災害」を引き起こした可能性があります。 施設が停電した後、予備の発電機に切り替えなければなりませんでした。

READ  バイデン氏、有毒な火傷にさらされた退役軍人を支援する法案に署名