7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

GTワールドチャレンジアジアリジグは日本に焦点を当てる

Fanatec GT World Challenge Asia 2022は、AWS暫定カレンダーを利用しており、6つの週末のレースで、日本でのファーダブルヘッダーラウンドをフィーチャーしたシリーズに大きな変化が見られます。

Kovit-19によるアジア太平洋地域で進行中のロジスティクスと旅行の課題に照らして、その変化には、日本のチームとドライバーのための新しい「チャンピオンシップ内チャンピオンシップ」である「ジャパンカップ」の導入も見られます。

改訂されたカレンダーはまだリリースされていませんが、鈴鹿と富士の現在の7月の日付を保持しています。 彼らはさらに2つの日本のラウンドに参加します。どちらもシリーズで紹介されます。

以前に発表されたカレンダーには、名前のない中国の場所であるプリラムとセバンの2つの日付(確認の対象としてリストされています)が含まれていました。 現時点では、彼がポストを離れた後に何をするかは不明です。

ジャパンカップ

ジャパンカップ分類のカウントポイントは、日本の4ラウンドすべてで授与されます。

ジャパンカッププロイエスとイエスのチームは、GT2、GT3、GT4、GTC(ランボルギーニハリケーンスーパートロフィー、フェラーリ488チャレンジ、ポルシェカレラカップ)のレースに加えて、来シーズンからの幅広いチャンピオンシップに参加できます。

すべてのジャパンカップドライバーはJAFライセンスを持っている必要があります。

ジャパンカップの4つの日程はすべて、スーパーGTやスーパー耐久との国内衝突を回避します。

6つのイベントで12回の1時間レースで構成される2022年の完全なカレンダーは、タイムリーに確認されます。

READ  今着られる7つの日本食レストランチェーン