11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

FUKUI Computer は、Bentley Systems と提携して、日本のインフラストラクチャ セクターのデジタル トランスフォーメーションを推進しています。

ペンシルベニア州エクストン & 堺、日本–()–株式会社フクイコンピュータ(本社:福井県堺市、代表取締役社長:杉田正)、 建設業界向け CAD ベンダーBentley Systems(本社:米国ペンシルバニア州エクストン、CEO:Greg Bentley)と戦略的パートナーシップを締結。 インフラエンジニアリングソフトウェア 同社は、日本の建設業界におけるデジタル ワークフローの採用を加速し、インフラ分野におけるデジタル トランスフォーメーション (DX) の開発をサポートします。

日本では、インフラ部門における人手不足の拡大が懸念されており、インフラの老朽化を緩和するための行動を起こす能力に影響を与えています。 自然災害の激化と頻発により、状況はさらに悪化しています。 これに対抗するため、FUKUI Computer は Bentley ITWin プラットフォームを使用して、クラウドベースのデータ共有サービス CIMPHONY Plus を 3D/4D ビジュアライゼーション、シミュレーション、デジタル ツイン機能で強化します。 同社は、インフラストラクチャのライフサイクル全体、プロジェクト管理、設計、建設、保守をサポートするデジタル ソリューションを立ち上げます。 また福井は、道路のコンセプト、設計、建設、運用の業界標準である Bentley の OpenRoads Designer を使用する新しい 3D アプリケーションである、Trend Road Designer for Computer Road Design を導入します。

今回の戦略的パートナーシップの締結により、フクイコンピュータは国土交通省が推進するインフラ分野において、ベントレーの最先端のデジタル技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)ソリューションを提供していきます。 本パートナーシップは、国土交通省が推進するi-ConstructionおよびBIM/CIM戦略の下、設計、施工、維持管理分野において3Dおよびデジタルツインソリューションを導入・展開することにより、建設業界の生産性向上に貢献することを目的としています。

Bentley Systems の戦略チャネル担当シニア バイス プレジデントである Karsten Kerk 氏は、次のように述べています。 エンド ユーザーは、最先端の世界クラスのデジタル技術と信頼できる現地の専門知識から恩恵を受けます。 Bentley は、日本の市場でのリーダーシップを通じて日本のインフラストラクチャ市場と i-construction 規制に対応し、FUKUI COMPUTER は最も革新的なデジタル ツイン ソリューションを提供して、日本の建設業界を劇的に改善します。

フクイコンピュータの杉田正社長は、「ベントレーシステムズとの戦略的パートナーシップにより、日本の建設業界のICT業界に最先端のデジタル技術を導入することができます。 地域社会のインフラを支える建設会社から信頼されるソフトウェア会社として、役立つ製品と価値あるサポートサービスの提供を通じて、社会に貢献していきます。

##

ベントレー システムズについて

ベントレー システムズ (NASDAQ: BSY) は、 インフラエンジニアリングソフトウェア 会社。 世界のインフラを改善し、世界経済と環境の両方を維持する革新的なソフトウェアを提供しています。 業界をリードする当社のソフトウェア ソリューションは、道路と橋、鉄道と輸送、上下水道、公共事業と公益事業、建物と複合施設、鉱業、道路と橋の設計、建設、運用のために専門家や組織によって使用されています。 産業施設。 私たちのオファーには以下が含まれます: マイクロステーションモデリングおよびシミュレーション用のベースのアプリケーション、 プロジェクトワイズ プロジェクトの配信については、 アセットワイズ 資産とネットワークのパフォーマンスのための Sequent の最先端のジオプロフェッショナル ソフトウェア ポートフォリオ、および アイツイン デジタル ツイン用インフラストラクチャのプラットフォーム。 Bentley Systems は 4,500 人以上の従業員を雇用し、186 か国で約 10 億ドルの年間収益を上げています。

www.bentley.com

福井コンピュータについて

株式会社フクイコンピュータは、測量、設計、施工、保守など、インフラ建設のあらゆる段階で、測量会社、土木施工会社、公共事業を担う企業向けにCAD関連製品を開発・販売しています。 業界トップクラスの国内約4万社の実績を誇ります。 近年、政府はICTを活用した生産性の向上を目指す「i-Construction」を推進しています。 3D レーザー スキャン、ドローン測量、GNSS による建設機械の自動制御などの技術が急速に普及しています。 これらの新しいテクノロジーをソフトウェアでサポートし、業界全体の生産性を向上させることを目指しています。

https://const.fukuicompu.co.jp/

Bentley ITWin プラットフォームについて

Bentley ITWin プラットフォームは、開発チームがデジタル ツイン インフラストラクチャ資産を作成、視覚化、分析するアプリケーションを構築できる、オープンでスケーラブルなクラウド プラットフォームです。 Bentley iTwin プラットフォーム上に構築されたアプリケーションにより、ユーザーはさまざまな設計ツールによって生成されたエンジニアリング データを生きたデジタル ツインに結合し、既存のツールやプロセスを中断することなく、リアリティ モデリングやその他の関連データと連携させることができます。 このプラットフォームは、ドローンや IoT に接続されたセンサーを通じて、現実世界の状況の変化を含むすべての変化の可視化と監視を可能にします。 Bentley iTwin プラットフォームはソリューションを簡素化し、資産のライフサイクル全体にわたって意思決定者に実用的な洞察を提供します。 Bentley ITwin プラットフォームは、Bentley とその戦略的パートナー、デジタル インテグレーター、システム インテグレーター、独立系ソフトウェア ベンダー、およびソフトウェア開発者によって開発された「ITwin を利用した」アプリケーションとデジタル ツイン ソリューションの基盤です。

© 2022 Bentley Systems, Inc. Bentley、Bentley ロゴ、AssetWise、Itwin、MicroStation、OpenRoads、OpenRoads Designer、ProjectWise、および Sequent は、Bentley Systems, Incorporated またはその直接的または間接的な完全所有子会社の登録商標または未登録商標またはサービス マークです。 その他すべてのブランド名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。

READ  日本の著名な米国育ちのランナー:2022年7月24日