5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

FRBのボウマン総裁、インフレ率が高止まりすれば追加利上げが必要になる可能性があると発言

FRBのボウマン総裁、インフレ率が高止まりすれば追加利上げが必要になる可能性があると発言

同氏は専門家グループに向けて準備した発言の中で、「これらは私の基本的な予想ではないが、インフレの進展が停滞するか逆転した場合、将来の会合でさらなる利上げが必要になる可能性があるリスクを依然として認識している」と述べた。 ニューヨーク連邦準備銀行のオブザーバー。 「利下げが早すぎたり、早すぎたりすると、インフレの回復を引き起こす可能性があり、長期的にインフレ率を2%に戻すには将来的にさらなる利上げが必要となる。」

ボウマン氏は理事会のメンバーとして、金利を決定する連邦公開市場委員会の常任理事であり、投票権を持っている。 2018年後半の就任以来、彼女は公の場での演説でFOMCの中でよりタカ派的な立場に置かれており、これは彼女がインフレ抑制に向けてより積極的な姿勢を支持していることを意味している。

ボウマン氏は、最も可能性の高い結果は依然として「最終的には利下げが適切になるだろう」と述べたものの、「インフレに対する多くの上振れリスクが依然として見られる」ため、利下げの「段階にはまだ達していない」と述べた。

影の公開市場委員会での講演は、市場がFRBの政策の当面の将来について神経質になっている中で行われた。 ジェローム・パウエル議長を含む複数の当局者の今週の声明は、金利引き下げに慎重な姿勢を示唆した。 FOMCの有権者であるアトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁はCNBCに対し、おそらく今年の利下げは1回のみと予想していると述べ、ミネアポリス連銀のニール・カシュカリ総裁は、インフレが鈍化しなければ利下げはできないと指摘した。

先物トレーダーらは今年3回の利下げを織り込んでいるが、利下げが始まる6月から7月の間には危機一髪となる。 3月のFOMCメンバーも今年3回の利下げを提案したが、「ドットチャート」の匿名当局者の1人は2026年まで利下げはないと示唆しており、FRBがどの程度積極的に動くかについては大きな混乱があった。

ボウマン氏は「私の経済見通しに関連するリスクと不確実性を考慮すると、金融政策の適切な道筋を評価する際に引き続きデータを注意深く監視し、将来の政策スタンスの変更を検討するアプローチには引き続き慎重になる」と述べた。 。

同氏はインフレリスクを考慮し、今年の数値押し下げに寄与した供給面の改善が将来的には同様の影響を及ぼさない可能性があると述べた。 さらに同氏は、住宅価格の継続的な上昇や労働市場の逼迫に加え、地政学リスクや財政出動をその他の上振れリスクとして挙げた。

ボウマン氏は「過去2カ月のインフレ率は、特に基本的なサービスに関して、将来的に進捗が不均一か、あるいは鈍化する可能性があることを示唆している」と述べた。

FRB当局者らは次回、労働省が3月の消費者物価指数報告書を発表する水曜日にインフレ統計を調査する予定だ。

READ  テスラの値下げは、電気自動車の価格戦争を引き起こす可能性があります