5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Embracer GroupがCrystalDynamics、Square EnixMontréal、Eidos-Montréal、PlusIPを3億ドルで買収

Embracer GroupがCrystalDynamics、Square EnixMontréal、Eidos-Montréal、PlusIPを3億ドルで買収

写真:スクウェア・エニックス

スウェーデンのビデオゲーム持株会社であり、Gearbox、Sabre Interactive、THQ Nordic(その他多数)の親会社であるEmbracer Groupは、いくつかのスタジオを買収し、スクウェア・エニックスからIPを選択する契約を締結しました。

この契約には、Crystal Dynamics、Square EnixMontréal、Eidos-Montréalの3つのスタジオと、以下を含むIPおよびゲームカタログが含まれます。 トゥームレイダー元神泥棒ケニアの遺産 50以上の「バックグラウンドカタログ」タイトル。 この買収には、3つのスタジオ全体で1,100人以上の従業員が関与し、合計購入価格は3億ドルになります。

このニュースは、両社が発行したプレスリリースを通じて発表されました。 Embracerは、「Embracerの会計年度22/23(2022年7月から9月)の第2四半期中に」取引が完了すると予想しています。

スクウェア・エニックスは 彼女のプレスリリース 「この取引により、ブロックチェーン、人工知能、クラウドなどの分野への投資を進めることで、新しいビジネスの立ち上げが可能になります。」 日本企業はまた、「 ただの理由アウトライダー、 と 人生は奇妙です“。

この契約が成立した後、米国はゲーム開発者の数でEmbracerの第1の国になり、カナダは第2位になります。保留中の成立後、Embracerには14,000人以上の従業員、10,000人の参加ゲーム開発者、124人がいます。社内スタジオ。 Embracerの今後のコンテンツパイプラインには、230を超えるゲームと30を超えるAAAゲームが含まれます。 この買収により、Embracerの既存のAAAチップのサイズが大きくなり、Embracerは、すべてのジャンルにわたって、業界全体でPC/コンソールゲームコンテンツの最大のパイプラインの1つを持つことになります。

これは、ビデオゲーム業界における一連の注目を集める買収の最新のものであり、Microsoftがプロセスを作成しています 687億ドルの買収 Activision Blizzardから、ピックアップ後 2020年のベセスダとそのIPアドレス

READ  Appleは15インチのMacBookAirを計画していると言われています