5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Canon R1は30メガピクセルのセンサー、120fpsの連続撮影、1/1,250のフラッシュ同期、および「改善されたダイナミックレンジ」を備えます。

Canon R1は30メガピクセルのセンサー、120fpsの連続撮影、1/1,250のフラッシュ同期、および「改善されたダイナミックレンジ」を備えます。

Adorama は、Canon が昨夜明らかにしたよりも EOS R1 について詳しく知っているようです さらに詳細な仕様を公開 センサー解像度、連続撮影機能、AI 露出最適化などを含む次期フラッグシップについて。

カメラメニュー内Adorama は R1 に関する詳細情報を提供していますが、開発発表では詳細が非常に軽かったため、これを行うのは難しくありません。

まず、EOS R1 には、どの機械式ローリング シャッターよりも高速であるとされる「純粋な」電子ローリング シャッターを備えた 30 メガピクセルのスタック型デュアルゲイン フルフレーム センサーが搭載されます。 これにより、0.8 マイクロ秒未満の読み取り時間と 1/1250 秒のフラッシュ同期を実現できます。

さすがキヤノンはオートフォーカス性能に力を入れており、AI認識による高速化と露光速度の向上を約束している。 R1 は、移動オブジェクトの経路予測と呼ばれるものも備えており、「高い成功率」でオブジェクトをロックするためのインテリジェントなフォーカス追跡を約束します。

キヤノンは、40 fps (1:2 CRAW) および 60 fps (1:3 CRAW) での「無制限」の連続撮影も可能にします。 「フル機能」の 120fps 連続撮影も実現できますが、一時的な制限がある可能性があります。 さらに、キヤノンは、1秒前撮影のオプションを備えた連続バースト撮影で240fpsを約束します。 そこにはRAWについての言及はないので、これはおそらくJPEGのみを対象としています(キヤノンがサポートすることを選択した場合はおそらくHEIF)。 R1 では、(可逆圧縮と比較して) 1:3 の CRAW 「非可逆」圧縮も行われます。

真っ白な背景に正面から見た Canon EOS R1。 カメラの左側には大きなレンズとテクスチャード加工のグリップがあり、本体にはさまざまなボタンやコントロールが表示されます。

最後に、キヤノンは、少なくとも Adorama によれば、「EOS R3 や EOS R5 よりも優れている」「ダイナミック レンジの向上」を誇っています。 価格は共有されていません。

リストは削除される可能性が高いですが、 ペタピクセル 見たい人のためにスクリーンショットを撮りました。

それは信じられますか?

トレーダーはメディアに掲載されるずっと前に製品のことを知ることが多いため、上記の仕様は正当なものである可能性が非常に高くなります。 商人も同様に、 ペタピクセル 複数の業界関係者によると、ほとんどの噂の最大の理由は、他の製品よりもメリットが多く、メーカーが依存しているため比較的「安全」な立場にあるためだという。

ただし、この情報の一部またはすべてが最終的な R1 に関して正確ではない可能性が高くなります。

R1 については今後数週間から数か月のうちにさらに多くのことが明らかになるでしょうが、これはおそらくほとんどの人が期待していた「開発発表」のレベルです。 ここにはたくさんあります。


画像クレジット: キヤノン

READ  アスキーアートが主要AIチャットボット5社から悪意のある応答を引き出す