8月 16, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Arc’teryxは3つのブランドストアで日本を拡大

カナダのスポーツウェア会社Arcteryxは、日本に3店舗をオープンすることを目指しています。

Arcteryxの小売店のほとんどは、原宿、二神川、横浜の各地区を含む首都圏にあります。

毎日50万人以上の乗客が利用する東京駅に近いことから、新しい場所として丸の内を選んだという。 その店は10月にオープンし、修理サービスが含まれる予定です。

Arc’teryxは、2014年5月から取引を開始し、国内初の旗艦店となった原宿店を9月にリニューアルします。 同時に100平方メートルの原宿出店も開催されます。

また、カナダの小売店である京都四条通が烏丸にオープンし、神戸と大阪に次ぐ近畿エリアに3店舗目を迎えます。 店舗には179平方メートルの小売スペースがあります。

1989年に設立されたArcteryxは、長持ちするアウトドアアパレルとギアに焦点を当てたデザイン会社です。 ノースバンクーバーに本社を置き、159のブランド店を含む世界中の2,400を超える小売店から販売しています。

Arc’teryxは、米国、英国、スイス、日本、中国での新規出店により、昨年の小売売上高が15%増加すると予想しています。 その中国の店は、2つのフロアにわたって743平方メートルのフットプリントを持つ最大の店の1つです。

Arc’teryxは、2022年までにヨーロッパと北米に20店舗を展開する新しい市場への拡大を目指しています。

READ  スイマー大橋が優勝し、日本の希望はセカンドゴールドで後押しされる