6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Apple の「I’m a Mac」担当者が Arm コンピュータ上の Windows を宣伝するために戻ってきた

Apple の「I’m a Mac」担当者が Arm コンピュータ上の Windows を宣伝するために戻ってきた

元 Apple 俳優の Justin Long 氏は、数年前に Intel に亡命し、現在は Qualcomm を搭載した Windows PC への乗り換えを検討しています。 今日の Qualcomm Computex 2024 の基調講演で、ロング氏は 30 秒の短いスキットに出演し、その中で macOS の通知と不満の画面が大量に表示され、代わりに Snapdragon 搭載 PC を探し始めました。

Justin Long は、20 年近く前に Apple の「Get a Mac」テレビ コマーシャルに出演していました。 ロングは Mac 男になりきって、PC 男(俳優のジョン・ホッジマン)がウイルスやスパイウェアに感染したり、クリエイティブなツールにアクセスできず退屈な仕事に集中しすぎたりしていることをユーモラスに嘲笑した。

macOS でポップアップ通知が表示された後、Arm PC で Windows PC を検索したロング氏は、カメラに向かって「状況が変わりました」とジョークを言いました。 ポップアップには、アプリの互換性、ディスク容量不足、バッテリーなどに関する警告が含まれます。

クアルコムの最高経営責任者(CEO)クリスティアーノ・アモン氏は本日、同社の「The PC Again」基調講演の終盤でこの寸劇を明らかにした。 彼は壇上に戻り、「はい、状況は変わりつつあります。状況は変わりつつあります。」と同意して基調講演を締めくくった。

Qualcomm と Microsoft は最近、MacBook Air との競合について多くの騒ぎを起こしており、Microsoft は最近の Windows on Arm への移行に自信を示すベンチマークとバッテリー寿命の主張を紹介しています。 クアルコムのSnapdragonを搭載した新しいCopilot Plus PC

この最新のコマーシャルは、インテルが 2021 年に PC を称賛する新しい広告を作成するためにジャスティン・ロングを短期間雇用し、Apple の Touch Bar、マルチモニターのサポートの欠如、M1 MacBook のカラーオプションを嘲笑してからわずか数年後に公開されました。 Intelの広告は、前年にAppleがMacにIntelプロセッサを搭載しなくなったことへの反応であり、AppleはM1のパフォーマンスとバッテリー寿命を自慢できるように、PC担当としてジョン・ホッジマン氏の役割を復活させた。

READ  メタガラスホールが到着しました