7月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

AdleeRochmanを宣伝するオリオールズ

AdleeRochmanを宣伝するオリオールズ

オリオールズは、最も潜在的な顧客契約を選択したと発表しました マドレーヌ・ロックマンアンソニー・バンボム 彼は面接シフトで任命されることになった。

もちろん、これはボルチモアや他の場所の野球ファンがしばらくの間楽しみにしていた日です。 オリオールズのメンバーになる前から、ラッチマンはオレゴンでのパフォーマンスで野球界に感銘を与え、ドラフトボードを発射し、2019年のドラフトで最高の選手と見なされていました。たとえば、アメリカの野球は彼をランク付けしました。その年の#1、彼はマスクがスイッチを押すことは基本的に今後成功するために必要なすべてのスキルを持っていると彼が指摘したという彼らの報告で。 ミディアムを打つ、強さを打つ、歩く、強い腕、受け取りとブロックをうまく行うと、彼はスピード以外のすべてのツールを持っていました。これはハンターにとって驚くことではありません。 彼らのレポートは、「彼は、2008年のバスターポージーと2007年のマットウィッターズ以来、彼が引き付けた最高の潜在的なクライアントです」と結論付けました。

Oは、ボビー・ウィット・ジュニアなど、2019年ドラフトで最初の全体的なピックを持つ他のプレーヤーを検討しているという報告がありますが。 アンドリュー・ボーンとJ.J.ブレデイ、誰もがラッチマンをレイプする機会はあまりなかったようです。 大きな一日がようやく終わったとき、Rutschmanはすでにボードから離れた最初のプレーヤーでした。

ビッグリーグクラブの闘争のために、Rutschmanはすぐにボルチモアファンのためのトンネルの終わりに光になりました。 オリオールズは2017年と2018年の両方でALイーストで最後にフィニッシュし、2019年にラッチマンがドラフトされたときに偉業を繰り返す寸前でした。彼らはどういうわけかレッドソックスを追い抜いて2020年の短縮シーズンで4位になりましたが、地下に戻ってきました2021年に、また野球で最悪の記録を打ち立てました(ダイヤモンドバックスとのタイ)。 つまり、彼らは今年の夏に再びドラフトで最初の全体的なピックを持っているということです。 大リーグレベルで何も起こらなかったので、すべての希望は、ロックマンの正面と中央にある次のオリオールズを構成する農場システムの星に固定されました。

アメリカの野球は、2021年にラッチマンを5番目に優れた野球選手にランク付けし、それ以来、彼を昨年2位、今年1位に引き上げました。 彼はまた、FanGraphs、ESPNのKiley McDaniels、およびKeith Law oftheAthleticによって野球で最も価値のあるプレーヤーと見なされています。

それは24歳の邸宅にとって並外れた上昇でした。 ドラフト後の数か月で、ラッチマンはオリオールズシステムの下位層で37試合に出場しました。 しかし、パンデミックは2020年にマイナーリーグを一掃しました。つまり、彼は組織化された公式試合でプレーすることができませんでした。 しかし、2021年に誇大広告が本物であることが証明されたので、その無駄な季節は彼を遅くしませんでした。 Double-AとTriple-Aの間の123試合で、彼は23本塁打を放ち、合計.285 / .397 / .502の連続安打を記録し、14.5%を実行し、16.6%の確率で打った。 これはすべてWRCで144になり、リーグ平均より44%良くなります。

オリオールズは今シーズン、ビッグリーグへの道を狂わせるために多くのことをしていません。 ボードの後ろでプレーする時間を取ったすべての人は2021年に排除されました。ペドロセベリーノ、オースティンウィーンズ、ニックシフはシーズンの終わりにすべて排除され、メッツはシスコに譲歩の免除を要求しました。 オフシーズンには、クラブが実際に40人の選手名簿にハンターズを持っていなかった時期がありましたが、最終的にはロビンソンチリノスと契約してミックスに参加しました。

新しい団体交渉協定が承認され、3月に封鎖が終了すると、ラッチマンが初日のスレートを破る可能性があるように思われた。 新しいCBAは、サービス時間を操作し、サービスをさらに1年間管理するために、シーズンの初めにチームが未成年者の最善の見通しを維持することを思いとどまらせるインセンティブを提供しました。 残念ながら、ロックマンは3月中旬に上腕三頭筋の緊張に苦しみ、何週間も棚に置いたままになり、就任シーズンの準備が整う可能性がなくなりました。 その怪我から回復した後、彼は4月26日に2022年のデビューを果たし、過去4週間を費やしてゲームの形に戻りました。 今年の3つの異なるレベルにわたる19のゲームで、彼は.309 / .427 / .515、159 wRC +を作成し、ボードの外観の13.4%を歩き、8.5%しか作成しませんでした。

シーズンは残り約137日です。つまり、通年としてカウントするのに必要な172日を累積することはできません。 新しいCBAには、ルーキーオブザイヤーの投票でトップランクのライダーに1年間のサービス時間を提供する規定がありますが、このレースでのライバルを考えると、ラッチマンが今その道を進むことは困難です。その上に6週間あります。 FanGraphsによると、ジェレミー・ペーニャはすでに交換品に対して1.8勝を挙げており、ボビー・ウィット・ジュニアなど、他の数人の新人は0.8で座っています。 とフリオロドリゲス。 ラッチマンが1年未満のサービス時間で今シーズンに追いついて終了することができないと仮定すると、O’sは2028シーズン中に彼のサービスをコントロールしますが、彼は2024シーズン後に審判の資格を得る可能性が非常に高いです。スーパー2人のプレーヤー。 (スーパーツーカットは年々動いていますが、2009年以来3回だけ2.137を超えており、最後のカットは2012年に表示されます。)

今年の初めにラッチマンが負傷したため、クラブはベンブームと契約することを選択し、クラブのピックアップデュオとして彼をチリノスと結び付けました。 年間の22試合で、彼は0.15 / .207/.212に達しました。 クラブには選択肢がなく、彼は彼の潜在的なスターに道を譲る使命を彼に委ねるしかありませんでした。 ベンブームは、今後数日のうちに免除の対象となり、リーグ内の別のクラブが彼のサービスに関心を持っているかどうかを確認する可能性があります。

もっと来ています。

READ  2022年PGAチャンピオンシップリーダーボード:ライブカバレッジ、タイガーウッズスコア、今日の第2ラウンドでのゴルフ結果