9月 25, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

5月の求人数は減少、冷え込みが続く兆し

5月の求人数は減少、冷え込みが続く兆し

FRBの政策当局者らは、高止まりするインフレへの取り組みが続くなか、労働市場の強さを懸念している。

FRBは10回連続利上げを行った後、6月会合で金利を据え置くことを選択した。 JOLTS報告書は、FRBの次の金利決定の指針となる多くの要因のうちの1つである。

エコノミストの中には、FRBが金利を上げすぎて景気後退につながるのではないかと懸念する人もいる。

しかし、JOLTSの報告書やこれまでの経済気温の調査により、「ソフトランディング」(景気後退を引き起こすことなくインフレ率がFRBの目標2%を緩和する結果)が間近に迫っていると信じる人もいる。 雇用サイト「グラスドア」の首席エコノミスト、アーロン・テラザス氏は、より大きな問題は、労働者の転職に伴い賃金の伸びが鈍化し続けるかどうかだ、と述べた。

同氏は「労働市場の逼迫は必ずしもインフレを引き起こす必要はない」と述べた。

FRBが景気減速に努める中、雇用市場は引き続き底堅さを保ってきたが、ここ数カ月で減速の兆しが見られるようになった。 雇用機会は4月まで3カ月連続で減少した。

初め 失業保険申請同じく労働省が木曜日に発表した統計では、7月1日までの週は前週よりも上昇率が高かったが、4週間の傾向では初回申請件数が減少していることが示されている。

求人数が低迷しているにもかかわらず、5月の980万件という数字はパンデミック前の水準と比べて高い。 たとえば、2019 年には月間合計が 700 万件前後で推移していました。

「かつては非常に衝撃的だった数字に対して、私たちが鈍感になりつつあるのではないかと、ある程度心配している」とテラザス氏は語った。

金曜日には労働省が6月の雇用統計を発表するが、これもFRBが注目している指標だ。 ブルームバーグがまとめたエコノミストらは、5月の速報値の33万9,000人から減少し、22万5,000人増加すると予想している。

5月の失業率は前月の3.4%から3.7%に上昇した。 依然として歴史的な低水準にあるものの、10月以来の高水準となり、アナリストの予想を上回った。

連邦政策当局者らは次回会合を7月25─26日に開催する。

READ  戦没将兵追悼記念日はお店は営業していますか? 何がオープンするかについてのガイド