5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

5月に日本で食品417品目の価格が値上がり

経済


東京、4月30日(GGプレス)–調査会社帝国データバンクによると、日本の大手食品・飲料メーカー195社の417製品の価格が5月に値上げされ、1年前の837製品から50.2%引き下げられる。 火曜日に発行されました。

この数字は5カ月連続で低下したが、インフレ率は平均31%で、2022年に月次統計を開始して以来最高となった。

帝国データバンクは2024年に1万5000品目の価格が上昇すると予測しているが、円安の進行で値上げの可能性はさらに広がる可能性があるとしている。

大黒データバンクは「ドルが長期的に155円を超える水準で推移すれば、今秋には円安を反映した物価上昇が予想される」としている。

5月になるとオリーブの不作によりオリーブオイルの価格が高騰します。 ニシンオイリオグループはボスコエキストラバージンオリーブオイル456gの価格を50%値上げする。 J-オイルミルズ株式会社家電製品の価格は32%から66%上昇する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  「正しくない」: PlanetF1