4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

4日目決勝戦のライブ概要

4日目決勝戦のライブ概要

2024 年ビッグ 10 水泳および飛び込み選手権

決勝4日目のヒートシート | 4日目 上/中/下

土曜日にはオハイオ州立大学が5年連続のビッグテン優勝をかけてポールポジションを獲得しているが、インディアナ州とミシガン州が猛追している。

金曜夜の200フリーリレーでバックアイズが敗退したこともあり、フージャーズとウルヴァリンズは今夜の最終セッションに向けて射程圏内に残っている。

今日のスケジュールには、1650メートル自由形、200メートル背泳ぎ、100メートル自由形、200メートル平泳ぎ、200バタフライ、10メートル飛び込み飛び込み、400メートルフリースタイルリレーの決勝が含まれる。

3日目を終えてのチーム成績

  1. オハイオ州 – 907
  2. インディアナ州 – 884
  3. ミシガン州 – 835
  4. ウィスコンシン州 – 624.5
  5. ミネソタ州 – 574.5
  6. ボルドー – 363
  7. ペンシルバニア州 – 305
  8. 北西 – 298.5
  9. ネブラスカ州 – 296
  10. ラトガース – 237.5
  11. アイオワ州 – 217
  12. イリノイ州 – 152

1650 フリースタイル – 決勝タイム

  • NCAA記録: 15:03.31、ケイティ・レデッキー – 2017
  • 大会記録: 15:43.17 モリー・コーワル – 2020
  • ビリヤード記録: 15:44.93、J. ライアン – 2017
  • NCAAカット(A):15:52.41
  • 2023 NCAA の予選タイム: 16:13.73

トップ8:

  1. チン・フイ・ガン(インディアナ州) – 15:54.83
  2. マディー・ワグナー (ウィスコンシン州) – 15:57.36
  3. マリア・ディニガン (インディアナ州) – 15:59.66
  4. ペイジ・マッケンナ (ウィスコンシン州) – 15:59.84
  5. ジェナ・ジョルゲンソン (ネブラスカ州) – 16:01.72
  6. マヤ・ゲーリンガー (オハイオ州) – 16:03.63
  7. アリビア・リンドーファー(ウィスコンシン州) – 16:04.88
  8. エル・ブラウン (ウィスコンシン州) – 16:08.59

インディアナジュニア チン・フイ・ガン 彼女は11月のタイム15:48.70でNCAAのリードから6秒以上離れていたが、それでも彼女のパフォーマンスは15:54.83で1,650のフリータイトルを快勝するのに十分だった。

ガンはウィスコンシン州立大学の新入生を阻止した マディー・ワグナー (15:57.36)は、2位フィニッシュまでの途中で、これまでのベスト記録である16:01.98を4秒以上縮めました。 今シーズンはNCAAで8位にランクされている。 ワゴナーには、他のアナグマ3人がトップ8に残っている:ジュニア ペイジ・マッケンナ (15:59.84)、シニア アリビア・リンドーファー (16:04.88)、シニア エル・ブラウン (16:08.59)。 マッケンナは今シーズン、11月のテキサス招待で15分54秒95を達成した。

インディアナジュニア マリア・ディニガン 彼は遅いヒートで15分59秒66という最速タイムを記録し、最終的にはジャーンとワゴナーに次ぐ総合3位となった。

このレースで最も印象的なタイムダウンは、ネブラスカ州の 2 年生の功績によるものでした。 ジェナ・ジョーゲンソンは自己ベストを12秒近く縮め、16:01.72のタイムで5位となった。 彼女のこれまでのベストタイムは昨年のNCAAで28位だった16分13秒34で、今夜のジョーゲンソンのタイムなら得点圏内の14位に入るはずだった。

オハイオ州立シニア マヤ・ゲーリンガー 彼女は16分03秒63のタイムで6位に終わり、11月のオハイオ州招待大会の自己ベスト15分56秒28より7秒以上遅かった。

200背泳ぎ – 決勝

  • NCAA記録: 1:47.24、ベアタ・ニルソン – 2019
  • ビッグテン記録: 1:47.24、ベアタ・ニルソン – 2019
  • 大会記録: 1:48.47、ベアタ・ニルソン – 2019
  • ビリヤード記録: 1:49.92 ケイト・フェセンコ – 2010
  • NCAA カット (A): 1:50.50
  • 2023 NCAA の予選タイム: 1:53.94

トップ8:

  1. フィービー・ベーコン (ウィスコンシン州) – 1:50.05
  2. アイラ・スピッツ (ノースウェスト) – 1:52.37
  3. クリスタ・マーリン (オハイオ州) – 1:54.31
  4. ミア・デウィット (インディアナ州) – 1:54.62
  5. アンナ・フリード (インディアナ州) – 1:54.80
  6. モーガン・クラウス (オハイオ州) – 1:55.65
  7. ケイシー・チャン (ミシガン州) – 1:55.88
  8. ケーシー・マッケンナ (インディアナ州) – 1:57.19

ウィスコンシン州シニア フィービー・ベーコン 彼女は200メートルで1分50秒05の優勝タイムで3度目のビッグテンタイトルを獲得し、1年ぶりにその栄冠を取り戻した。

ベーコンが5年目にノースウェスタンを破ったため、このレースはちょっとした爆発でした エラ・スピッツ (1:52.37) 2秒以上の差をつけて3位となった クリスタ・マレーネ オハイオ州立大学 (1:54.31) に 4 秒以上の差をつけました。 スピッツは、それまでの先頭で記録した1分52秒77を10分の4秒も縮め、この日2度目の生涯ベストを更新した。 今日までのカルの移籍ベストタイムは、2021 Pac-12チャンピオンシップの1:53.21でした。

オハイオ州立大学2年生 クリスタ・マレーネ 彼はヒート(1:53.94)からコンマ数秒の差を付けたが、それでも1:54.31のタイムで3位に終わった。 チームメイト、5年目 モーガン・クラウス、1:55.65のタイムで6位でフィニッシュし、バックアイズのポイント合計を押し上げました。

彼らの間には、インディアナ州の水泳2年生のペアがいた。 ミア・デウィット (1:54.62) そして先輩たち アンナ・ファリド (1:54.80)、フージャーズを追跡するのに役立ちました。 インディアナジュニア ケイシー・マッケンナ、木曜日の100背泳ぎチャンピオンは、今朝の予選で3位(1:57.19)で4秒近く速く(1:53.57)予選を通過した後、今夜8位に落ちた。

100 フリースタイル – 決勝

  • NCAA記録: 45.56、シモーネ・マヌエル – 2017
  • ビッグテン記録: 46.02、マギー・マクニール – 2021
  • 大会記録: 46.57、マギー・マクニール – 2020
  • ビリヤード記録: 46.96、マロリー・コマーフォード – 2018
  • NCAAカットオフ(A): 47.18
  • 2023年NCAAの予選タイム:48.37

トップ8:

  1. エイミー・フルマー (オハイオ州) – 47.48
  2. アンナ・ペプロウスキー (インディアナ州) – 47.53
  3. クリスティーナ・ベーグル (インディアナ州) – 47.65
  4. ステファニー・バルドキーニ (ミシガン州) – 47.77
  5. キットカット・ゼニック (オハイオ州) – 47.92
  6. リンジー・フリン (ミシガン州) – 47.98
  7. テレサ・エヴァン (オハイオ州) – 48.35
  8. アシュリー・トゥラック (インディアナ州) – 49.09
READ  ジェイモナハンは、LIVゴルフプレーヤーはPGAツアーから「フリーライド」することはできないと言います

インディアナジュニア アンナ・ペプロウスキー予選ヒートのタイム(47.45)があれば、今夜のフリー100タイトルを獲得するはずだったが、今夜は同じペースを再現することができなかった。

代わりに、オハイオ州立大学は5年生です。 エイミー・ヴォルマー 彼女はシーズンベストの47.48点を記録し、ペプロウスキー選手(47.53点)をわずか0.05秒差でビッグテンの栄冠を防衛した。

他の4人の水泳選手、インディアナ州の2年生も同様に、エキサイティングなレースでした。 クリスティーナベーグル (47.65)、ミシガン大学の学生 ステファニー・バルドゥッチーニ (47.77)、オハイオ州立大学 4 年生 キットカットゼニック (47.92) とミシガンジュニア リンジー・フリン (47.98) – 彼女はフォルマーの優勝タイムまであと 0.5 秒でした。

ペーグルは、11月に記録した前回のベスト47.96から数十分の1を縮め、新たな自己ベストを更新した。 彼女は今シーズンNCAAで11位にランクされています。

200平泳ぎ – 決勝

  • NCAA記録: 2:01.29、ケイト・ダグラス – 2023
  • ビッグテン記録: 2:02.60 リリー・キング – 2018
  • 大会記録: 2:04.03 リリー・キング – 2017
  • ビリヤード記録: 2:04.03 リリー・キング – 2017
  • NCAA Aカット:2:05.73
  • 2023年NCAAの予選タイム:2:09.68

トップ8:

  1. ブレナ・クロフォード (インディアナ州) – 2:07.25
  2. ジョシー・パニッツ (オハイオ州) – 2:08.59
  3. ハザル・オズカン (ウィスコンシン州) – 2:09.16
  4. リース・デハーネ (オハイオ州立大学) – 2:10.80
  5. マヤ・ホール (ネブラスカ州) – 2:10.90
  6. デボン・キッチェル (ミシガン州) – 2:11.25
  7. クレア・ドゥーナン (ミシガン州) – 2:12.38
  8. ハンナ・バッハ (オハイオ州) – 2:13.97

インディアナジュニア ブリアナ・クロフォード 彼女は200度平泳ぎで2分07秒25というタイムを出し、今朝の予選で5位となったオハイオ州立大よりも1秒以上速く、タイトルを奪還した。 ジョシー・パニッツ (2:08.59)。 クロフォードは2:06.86の自己ベストを記録して2022年のチャンピオンシップで優勝したが、昨年は6位(2:09.65)だった。

ウィスコンシンは2年生です ハザル・オズカン 彼女は生涯ベストを数十分の一縮め、2:09.16で3位となった。 これまでの自己ベストは11月の2:09.37だった。

オハイオ州立ジュニア リース・デーン 彼女は途中でベストタイムから1秒以上遅れ、2:10.80で4位となった。 彼女のベストタイムは先月の2分12秒18だったが、今朝先頭で2分12秒03を記録した。

ネブラスカジュニア マヤホール 彼女は2:10.90のタイムで5位に終わり、今朝の予選での自己ベストの2:10.09にわずかに届かなかった。

200 バタフライ – 決勝

  • NCAA記録: 1:49.16、アレックス・ウォルシュ – 2024年
  • ビッグテン記録: 1:51.19、オリビア カーター – 2022
  • 大会記録: 1:51.83、オリビア・カーター – 2022
  • ビリヤード記録: 1:52.39、アイリーン ブリーデン – 2010
  • NCAA Aカット:1:52.86
  • 2023 NCAA の予選タイム: 1:55.92

トップ8:

  1. ケイティ・クラム (ミシガン州) – 1:54.61
  2. ミーガン・ヴァン・バークム (ミネソタ州) – 1:55.63
  3. ハンナ・ベラード (ミシガン州) – 1:55.72
  4. キラ・サマースタッド (オハイオ州) – 1:56.39
  5. アンナ・フリード (インディアナ州) – 1:57.76
  6. ケイティ・フォレスター (インディアナ州) – 1:57.97
  7. ジェシカ・イーデン (オハイオ州) – 1:58.48
  8. アンナ・ベーマー (ミシガン州) – 1:59.65

ミシガンは2年生です ケイティ・クラム 彼女は今週、200フライで1分54秒61のタイムで優勝し、2つ目の個人タイトルを獲得した。 これは新シーズンベストを2秒以上更新したが、それでも昨年2月の自己ベスト1:53.94にはわずかに及ばなかった。 クラムは木曜夜の500mフリースタイル(4:37.24)でも優勝した。

ミネソタシニア ミーガン・ヴァン・バークム今朝の予選でトップに立った、は1分55秒63でクラムから約1秒遅れで壁に到達した。

ミシガン州の学生 ハンナ・ベラード 2台のウルヴァリンが1分55秒72で3位に入り、トップ3に入った。 彼女は、11月のジョージア招待で記録した1分53秒21という今シーズンのカンファレンスのベストタイムを依然として保持している。

オハイオ州立シニア キラ・サマースタッド 彼は途中で 1 秒近くタイムを落とし、1:56.39 のタイムで 4 位になりました。 彼女のこれまでのベスト記録は2022年の1:57.30でした。

10 メートル高台飛び込み – 決勝

  • 大会記録:424.45、ジェシカ・バラト
  • プール記録: 378.6、ジェシカ・バラト
  • NCAA 予選スコア (A): 225

トップ8:

  1. スカイラー・リュー (インディアナ州) – 342.4
  2. ビビ・デル・エンジェル (ミネソタ州) – 342
  3. ダレン・ライト (パーデュー) – 318.1
  4. メイジー ヴィタ (ボルドー) – 299.8
  5. シアラ・マッギン (オハイオ州) – 299
  6. アン・ファウラー (インディアナ州) – 347.05
  7. ジェイ・パトリック (パーデュー) – 298.2
  8. ジャニー・ボイル (オハイオ州) – 279.6

インディアナジュニア スカイラー・リュー 彼女は今週、10メートル走で342.4点で2つ目の個人タイトルを獲得し、金曜日の夜に3メートルのタイトル(379.95点)を獲得した。

ミネソタは2年生です ヴィヴィ デル エンジェル 彼はレオのすぐ後ろにいて、優勝まであと0.5ポイントの342点で2位に終わった。 彼女は昨年、新入生として307.25点で3位となり、その後NCAAでは344.55点で3位となった。

ボルドーはこの大会で3位フィニッシュチームの中で大きなポイントを獲得した ダレン・ライト (318.1) 4位 メイジー・ヴィタ (299.8) で6位 ジェイ・パトリック (298.2)。

オハイオ州立シニア シアラ・マッギン 彼女は金曜日に長引く足首の怪我のため3メートル競技を欠場したが、5位のアトライで立ち直った。

大会の最終戦に向けて、オハイオ州立大学はインディアナ州に対してわずか 1.5 ポイントのリードを保っています。

400 フリーリレー – 決勝

  • NCAA記録: 3:05.84、バージニア州 – 2023
  • 大会記録: 3:09.84、ミシガン州 – 2022
  • プール記録: 3:11.60、ミシガン州 – 2018
  • NCAA カット (A): 3:14.10
  • 2023 NCAA の予選タイム: 3:15.97
READ  2022年カナダグランプリのレポートとハイライト:フェルスタッペンレクレールがモントリオールでの金曜日の練習セッションをスイープするために0.081秒をポイント

トップ8:

  1. ミシガン州 – 3:11.21 *プール記録
  2. インディアナ州 – 3:11.37
  3. オハイオ州立大学 – 3:12.70
  4. ウィスコンシン – 3:14.51
  5. ペンシルバニア州 – 3:16.83
  6. ミネソタ – 3:17.69
  7. 北西部 – 3:17.91
  8. アイオワ州 – 3:19.26

全て。 点数。 問題。

大会は400メートルのフリーリレーでスリリングな結末を迎え、インディアナ州立大(3:11.37)がミシガン州(3:11.21)を破ることはできなかったが、フージャーズがオハイオ州立大を破り、わずか0.5点差でビッグテンのタイトルを獲得した。この大会でザ・バックアイズの4年連続勝利記録を更新した。

インディアナ州は2年生の最後のアンカーレッグまでオハイオ州立大を追いかけた クリスティーナベーグル 彼はフィールド最速となる46.65のスプリットを叩き出し、フージャーズをバックアイズに破り、チーム全体の勝利をもたらした。

カルテットはウルヴァリンズの新入生です ステファニー・バルドゥッチーニ (48.09)、シニア クレア・ニューマン (48.13)、2年生 ブレイディ・ケンダル (47.90)とジュニア リンジー・フリン (47.09) はその深さを活かして 3:11.21 のタイムで 1 位になりましたが、それでもシーズンベストの 3:10.30 よりは 1 秒近く遅かったです。

ベーグルはインディアナ対ミシガンを追い抜きそうになったが、フリンが47.09秒のフィールド内2番目に速いスプリットでベーグルを破った。 フージャース ジュニア アンナ・ペプロウスキー (47.72) 5年目 アシュリー・トゥラック (47.71)、およびシニア エラ・リスティック (49.29) ペグルと一緒に準優勝リレーに参加します。

オハイオ州立大学は、シニアのラインナップを集めた大会で、シーズンベストタイムを0.5秒近く縮めた。 キットカットゼニック (48.03) ジュニア テレサ・エヴァン (直接的な結果の分割が間違っているようです)、5 年目 エイミー・ヴォルマー (ライブスコアの内訳も間違っているようです)、および高齢者 トリスタン・ハリソン (49.60)。

ウィスコンシン大はジュニアの活躍で3:14.51のタイムで4位となった。 アビー・カールソン (48.88)、大 フィービー・ベーコン (48.39)、2年生 アビー・ワンゼック (48.47)と女子学生 ヘイリー・ティアニー (48.77)。 アナグマは今シーズン、3:13.79を記録しました。

チームの最終結果

  1. インディアナ州 – 1,359
  2. オハイオ州 – 1,358.5
  3. ミシガン州 – 1,207
  4. ウィスコンシン州 – 978
  5. ミネソタ州 – 816
  6. ボルドー – 572.5
  7. 北西 – 463.5
  8. ネブラスカ州 – 409
  9. ペンシルバニア – 382
  10. ラトガース – 363.5
  11. アイオワ州 – 303
  12. イリノイ州 – 204