5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2024-25 年の初期の大学バスケットボールランキング

2024-25 年の初期の大学バスケットボールランキング

彼は遊びます

男子大学バスケットボールのシーズンは、コネチカット大が再びネットを張り、終了したばかりだ。 しかし、全国選手権での優勝の成功に浸っている時間はほとんどありません。なぜなら、2024-25シーズンがどのように展開するのか、そしてサンアントニオでのファイナル4に進出する候補者が誰になるのかを見据える時期がすでに来ているからです。

確かに、移籍ポータルの時代に来シーズンを予測するのは困難であり、大きな仕事が開かれているため、指導サイクルは依然として回転している。 また、どの選手が新型コロナウイルス感染症の免除を利用して5シーズン目の復帰を選択するのか、あるいは誰がNBAドラフトにエントリーするのかも明らかではない。

この演習では、ドラフト上位指名の可能性があると予想されない限り、ほとんどの選手が復帰すると仮定しました。 しかし、変動する部分も多く、これらの分類はどれも確定したものではありません。 ここでは何も進みません。

1. 公爵 (27-9)

クーパー・フラッグ、カーマン・マローチ、アイザイア・エヴァンス、クォン・ノーベルが率いる6人の新兵クラスは、デュークを国内で最も強力で危険なチームの1つにするだろう。 彼も最年少の一人となるだろう。 ジョン・シェアー監督は正しいボタンをすべて押して、机上では全国タイトルを獲得できる可能性が非常に高いと思われるチームに最適なローテーションを見つけ出す必要があるだろう。 ブルーデビルズはNBAに数人の主要選手を失うことになるが、ガードのタイリース・プロクターとフォワードのマーク・ミッチェルが復帰する可能性がある。

2. アラバマ (25-12)

バックアップガードのマーク・シアーズを復帰させれ​​ば、アラバマ大はSECの優勝候補となり、ファイナル4復帰の候補となるだろう。 決断を迫られているもう一人の選手は、トーナメント中に注目を集めているフォワードのグラント・ネルソンだ。 ネイト・オーツには3人のトップ新人が加わっており、すでに有力な移籍候補者として元ペパーダインのガード、ヒューストン・マレットを1人加えている。

3. アイオワ州立 (29-8)

矢印は、TJ オッツェルバーガー コーチの下で到着するプログラムを示しています。 アイオワ州立大学には、ケショーン・ギルバート、タミン・リプシー、カーティス・ジョーンズが率いる素晴らしいバックコートがいるだろう。 しかし、ハリケーンズにはフロントコートに埋めるべき穴がいくつかある。 ISUは新入生のJTロックとシャーロット・ディション・ジャクソンに頼る一方、帰国者のミラン・モムシロビッチとデマリオン・ワトソンのさらなる活躍を期待する。

4. カンザス州 (23-11)

ビル・セルフのプログラムにとって異例のダウンシーズンを経て状況は好転するだろうが、ジェイホークスがビッグ12のトップに返り咲く可能性は主にセンターのハンター・ディキンソンが資格最後の年に復帰することを選択するか、ジョニー・ファーフィーが残留するかどうかにかかっている。彼の2年目。 そうなれば、KUはライリー・カウギル(フロリダ州)とジーク・メイヨ(サウスダコタ州立大学)の移籍選手の追加により、より経験豊富な選手団を擁することになる。

5. コネチカット州 (37-3)

ハスキーズは再建の準備ができています。 NBAドラフトでは新入生のステフォン・カッセルとセンターのドノバン・クリンガンが退団する可能性とともに、バックコート(カム・スペンサー、トリステン・ニュートン、ハッサン・ディアラ)に大きな損失が生じている。 UConn がポータルで積極的に活動し、復帰が期待されるアレックス カラバンとサムソン ジョンソンを中心に構築されることを期待します。 過去 2 シーズンを考慮すると、ダン ハーリーがこの問題を解決してくれると信頼するのは賢明な期待です。

6. ノースカロライナ州 (29-8)

まず、UNCはRJ・デイビスとハリソン・イングラムの決断を待っている。デイビスはNBAに行くのに十分な成績を収めた可能性が高いが、イングラムはもう1年をター・ヒールズの焦点としてスキルを磨く可能性がある。 ヒューバート・デイビスはバックガードのエリオット・カドーを確実に連れてくる一方、ガードのセス・トリンブルのような控え選手をより大きな役割に備えさせることに取り組んでいる。 UNC には主要な新入社員がキャンパスに到着していますが、彼らは間違いなくポータルで活躍するでしょう。

7. クレイトン (25-10)

ベイラー・シャーマンは、プログラムに携わった素晴らしい 2 年間を経て亡くなりました。 クレイトンはライアン・カルクブレンナーとスティーブン・アシュワースの5年生2人を復帰させる可能性があり、アシュワースが復帰する可能性はほぼ確実であり、カルクブレンナーは依然として選択肢を検討している。 カルクブレンナーが復帰すれば、ブルージェイズは国内最高のビッグマンの一人を中心にチームを築くことができるだろう。 グレッグ・マクダーモット氏も、トップ 20 の採用クラスに入る予定です。 ゴールテンダーのトレイ・アレクサンダーが復帰を納得できれば、クレイトンはタイトル候補となるだろう。

8. テネシー (27-9)

テネシー大はダルトン・クネヒト、ジョサイア・ジョーダン・ジェームズ、サンティアゴ・ヴェスコヴィという3人の主力を失っている。 リック・バーンズはケンヒトの代わりにウイングで得点を見つけるために移籍ポータルに戻る必要があるだろう。 (幸運を祈ります。)しかし、ボランチはザッカイ・ジーグラー、ジョナス・エドゥ、ジャマイ・マチャク、ジョーダン・ゲイニーの4人の先輩が率いるであろうベテランチームになります。 これは、SECレギュラーシーズンタイトルを再び獲得するのに十分なチームにとって、堅実な出発点となる。

9. パーデュー (34-5)

ザック・エディが中盤にいないボイラーメイカーズを想像するのは難しいだろう。 しかし、来シーズンに復帰する選手たちは馴染みのある選手となるだろう。 フレッチャー・ロイヤーとブレーデン・スミスは3年目に先発投手として復帰する。 チームのトップ3ポイントプレーヤーであるメイソン・ギリスは残留し、より大きな役割を担う準備ができている帰国選手のトレイ・カウフマン・レン、マイルズ・コルビン、カムデン・ハイデに加わる可能性がある。 Canon Catchings は、質と量の両方で大規模な採用カテゴリーをリードしています。

10. ブリガム・ヤング (23-11)

クーガーズは最初のシーズンでビッグ 12 に快適に定着し、Pac-12 から 4 チームが参加して激化する競争に対処する準備が整っているように見えます。 彼らがどれほど優れているかは、得点王のジャクソン・ロビンソン(14.2得点)の順位にかかっています。 フセイニ・トラオレやトレビン・ネルら主力選手とともに彼の復帰により、マーク・ポープ監督のチームは国内で最も厳しいカンファレンスにおいて最高のチームの一つとなるだろう。

11. ベイラー (24-11)

ジャコビー・ウォルターとイブ・メッシがNBAドラフトに参加すると予想されているが、どちらかまたは両方を逆転させれば、このランキングは低すぎることになる。 しかし、ベアーズは再び才能があり、ビッグ 12 の中で最高のメンバーとなるでしょう。ラングストン・ラブとジェイデン・ナンが素晴らしいバックコートを構成するでしょう。 ジェイレン・ブリッジスが残留すれば、フロントコートの重要なピースとなる可能性がある。 新入生の VJ Edgecombe と Rob Wright が大きな影響を与えるでしょう。

12. ヒューストン (32-5)

ジャマール・シェッド抜きでクーガーズがどう成長するかが懸念される。 LJ・クライヤーがもう1シーズン残留することで、エマニュエル・シャープを擁する強力なガードグループと同様に、移行がよりスムーズになるだろう。 ジェワン・ロバーツも、ジャヴィエ・フランシスとともにフロントコートを強化するために復帰する可能性のある選手だ。

13. クレムソン (24-12)

タイガースが再びエリートエイトに進出するのは困難だが、余った1年を使うことを選択すれば、多くの主力選手が復帰する可能性がある。 このグループには、傑出した郵便配達員の P.J. ホール、ガードのチェイス ハンター、控えフォワードのジャック クラークが含まれます。 ジョセフ・ジラール三世は去ったが、2023-24シーズンのACC年間最優秀選手に選ばれたイアン・シェフェリンも復帰する予定だ。

14. ゴンザガ (27-8)

アントウォン・ワトソンの故郷の学校でのキャリアは終わったが、ブルドッグスはあまり落ち込むべきではない。 フォワードのグラハム・アイクは、ライアン・ネンバードとノーラン・ヒックマンのバックコートタンデムとともに復帰するはずだ。 ペパーダインが今後マイケル・アジャイに移籍することで、サイドからの得点の選択肢が増える可能性がある。 8年連続でスイート16に出場していることから、マーク・フューが来年も出場することは想像に難くない。

15. ケンタッキー州 (23-10)

ジョン・カリパリの後任には誰が雇われるのでしょうか? 新規採用者は、再び優れた採用クラスを維持できるでしょうか? DJ ワグナーのような期待された帰還者はカリパリを追ってアーカンソーに行くのか、それともぶらぶらするのか? そして、NBAドラフトには4人もの選手が候補に上がっているが、来シーズンはこのリストが全く異なるものになる可能性があるだろうか? ワイルドキャッツには才能があるだろうが、疑問符もたくさんある。

16. 聖マリア教会 (26-8)

ゲールズは、センターのミッチェル・ザクセンが復帰を決め、WCCのレギュラーシーズンとトーナメントのタイトルを総なめにした主力グループのほとんどを保持している。 エイダン・マハニーもオーガスタス・マルキウリニスとジョシュア・ジェファーソンとともに復帰するはずで、セント・メアリーズには4年連続でダンスを披露し、おそらく再びリーグ優勝する大きなチャンスが与えられるだろう。

17. カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (16-17)

ブルーインズはチャンピオンシップでの成功後の再建の年に負け越しという挫折を味わった。 彼らは来シーズンに復帰する準備ができている。 ミック・クローニンはすでにガードのスカイ・クラーク(ルイビル)とコービー・ジョンソン(サザンカリフォルニア)をポータルに獲得し、ディラン・アンドリュースとアダム・ボナが率いる4人の二桁得点者の中核に加わる。 UCLAはビッグテンのスケジュールに適応する必要があるが、この挑戦​​に挑む準備は十分に整っているようだ。

18. マーケット (27-10)

ゴールデンイーグルスはコロナウイルスの資格がある年のため、主要な貢献者全員を復帰させる可能性があるが、オールアメリカポイントガードのタイラー・クレックとフォワードのオウス・イゴダロが次のレベルに引き上げる可能性が高い。 キャム・ジョーンズとデビッド・ジョプリンが復帰すれば、シャカ・スマートは優れた核となるだろうが、攻撃面でのサイズを増やすことが優先事項となるだろう。

19. イリノイ州 (29-9)

このランキングは、テレンス・シャノン、そしておそらくマーカス・ドマセクとコールマン・ホーキンスを失うことは大きな後退であるため、ブラッド・アンダーウッドが再び移籍ポータルを安定させ、重要なピースをもたらすという期待に基づいています。 タイ・ロジャースとルーク・グッドは今シーズンの主力選手であり、新入生のドラ・ギブス・ローホーンとアマニ・ハンズベリーは大きな飛躍を遂げるはずだ。 アンダーウッドはすでにマーサーからジェイク・デイビスを加えており、他の選手も追いかけている。 最大の推進力となるのは、国内有数の採用担当者の一人である大物モーリス・ジョンソン氏だろう。

20. アリゾナ (27-9)

トーナメントでまたしても失望を味わった後、ワイルドキャッツは再び好調なレギュラーシーズンを迎えるはずだ。 それがどれほど良いものになるかは、カレブ・ラブがポータル内でオマール・バルーとの将来について何を決めるかによって決まります。 ジェイデン・ブラッドリーとケラン・ボズウェルは強固なバックコートを構成するはずであり、トップ新人のカーター・ブライアントとジャマリ・フィリップスという才能が入ってくるだろう。 Big 12 では調整が行われるため、時間がかかる可能性があります。

21. ウィスコンシン (22-14)

フォワードのタイラー・ウォールが去り、AJ・ストー選手がポータルに入ったため、コーチのグレッグ・ガードにはいくつかの穴を埋める必要がある。 しかし、チャッキー・ヘプバーンは先発の座に戻り、ジョン・ブラックウェルとマックス・クレメットがバックコートに加わるはずだ。 フロントコートにはサイズが戻ってきており、特にトップリバウンダーのスティーブン・クロールがこのチームをビッグテンの上位半分に入れるに至っている。

22. インディアナ州立 (32-7)

シカモアズはNITタイトル戦に出場した先発メンバー全員を復帰させる可能性があるが、コーチのジョシュ・シャーツがセントルイスに去った今、それらの選手全員が決断を迫られている。 しかし、ロビー・アビラ、ライアン・コンウェル、そして残りのスターターが定着すれば、ミズーリ・バレーも新監督の下でドレイクの活躍が期待できるだろう。

23. オーバーン (27-8)

ジョニー・ブロームがNBAドラフトに入る可能性があるため、タイガースはある程度の体制変更が必要となるだろう。 そうなると、得点者として残るのはガードのチャド・ベイカー=マザラ(10.0得点)だけとなる。 エイデン・ホロウェイとトレイ・ドナルドソンもバックコートの主力であり、トップ新人のタハド・ペティフォードがより多くの才能をグループにもたらしている。 懸念されるのは、ブルース・パールが前庭をどのように扱うかである。 ゲートウェイが最良の選択肢かもしれません。

24. ボイシ州立大学 (22-11)

ボイシはマウンテンウェストの頂点に立ち、長年コーチを務めたレオン・ライスの下でチャンピオンシップゲームに勝つ可能性がある最有力候補だ。 チブゾ・アグボとタイソン・デゲンハートはドラフトとゲートをテストする可能性があるが、復帰すると予想されている。 中盤にはビッグマンのオマー・スタンレーという重要な選手もいる。 ボイシ州立大学は、2年目のシーズンを好調に終えたジュニアガードのルディ・アンダーソン3世からさらなる成長を期待している。

25. ラトガース (15-17)

スティーブ・ピキールコーチの下での移行シーズンは、ビッグテンの順位を大幅に上げることになるだろう。 まず、ラトガースはディラン・ハーパーとエース・ベイリーというインパクトのある真の新入生2人を迎え入れ、すでに東ミシガン移籍のタイソン・エイカフというベテラン得点者を加えたバックコートに加わることになる。 ハーパーとベイリーは全米トップ5にランクされる新入生クラスのスターであり、ラトガースに多大な才能と運動能力をもたらすことになるだろう。

READ  ネッツ、反ユダヤ映画でケリー・アーヴィングを無期限出場停止に