1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2022年オプティミストアジア・オセアニア選手権は日本が圧勝



アニ |
更新しました:
2022 年 12 月 17 日 23:47 IST

ムンバイ (マハラシュトラ)[India]12月17日 (ANI): ムンバイのKirkham Chowpattyで開催されたOptimist Asian and Oceanian Championship 2022フリートレースの2日目の最初の2レースの後、日本はリードを続けた.
最初のレースは、風速 6 ~ 7 ノットの完璧なセーリングコンディションでスタートしました。 予選シリーズでは合計3レースが完了し、金曜日にさらに2レースが行われる予定で、2022年アジア・オセアニア・チーム・レーシング・チャンピオンシップの各チームの最終順位と最終金メダルを決定するために使用されます. そして銀の海軍割り当て。
その日の最初のレースの後、日本の有本美雨が黄色のフリートで 1 位、シンガポールのニコール リムが 2 位でした。 3 位は日本の華原元気で、初日にブルーフリートでトップに立った同胞の中澤太郎は 4 位でした。 5位はタイのパサラバン・オンガロイ。
ブルーネイビーでは、タイのナバコン・バンガウ選手が1位、日本の北川篤郎選手が2位、岩波祥子選手が3位です。 タイのサナディブ・ドンラムが 4 位、シンガポールのアモス・タムが 5 位でした。

インド出身の最高のセーラーであるエクラヴィア パダムは 15 位にランクされました。 これに先立ち、このイベントは 12 月 14 日水曜日にムンバイの Yashwantrao Chavan Pratishtan で始まり、13 の代表チームの船員がイベントに歓迎されるグランド オープニング セレモニーが行われました。 開会式では、インド文化のエッセンスを捉えたバラタ・ナティヤムの素晴らしい音楽パフォーマンスが見られました。
このイベントは、中将 HS カーロン、SM、HOC、マハラシュトラ、グジャラート、ゴア地域、アジャイ ナラン船長、アフリカ、アジア、オセアニア担当副社長、国際オプティミスト ディンギー協会によって開始されました。

2022年のアジアおよびオセアニア選手権のツアーは月曜日まで続きます。 (アニ)

READ  Japan Bizは、旅行者と学生の入場制限を簡素化します