6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2021年には、12,000を超えるカップルがリゾートウェディングのために沖縄にやって来ました。

沖縄は日本をはじめ世界中から多くの観光客を魅了しています。 近年、島で結婚式を行うカップルが増えています。

沖縄県観光開発課によると、2021年までに県外の12,540組のカップルが沖縄で結婚式を挙げ、前年比36.1%増加した。 エピデミックの悪影響にもかかわらず、結婚の需要は、大幅な減少が見られた2020年と比較して幾分回復しました。

結婚式の統計は、沖縄で「リゾート結婚式」を開催している県政府の調査に基づいています。 調査は66社に送付され、56の正解が得られました。 統計には、新婚夫婦の写真撮影を中心とした教会やイベントなど、さまざまな結婚式が含まれています。

2021年までに、海外からのカップルの結婚式はなくなりますが、国内の顧客数は約3,500カップル増加しています。 今年の最初の3か月は、毎年結婚式の数が前年比で増加しました。

2000年に沖縄でリゾートウェディングを行ったカップルは1,000人未満でしたが、施設や広告キャンペーンの進歩により、今後20年間でその数は急増しました。 発生直前の2019年には、日本各地から約15,000組、海外から2,000組のカップルが結婚式関連のイベントのために沖縄を訪れました。

州政府によると、沖縄で最も人気のある結婚式の月は11月で、4月と10月がそれに続きます。 日本各地から訪れたカップルの62%が結婚式に来て、38%が浜辺や城跡など県内の景勝地で写真を撮りに来ていました。

2021年に結婚する平均人数は12.7人です。 結婚式のために沖縄に到着したカップルは平均3.4日間滞在し、ゲストは2。5日間滞在しました。 その年、沖縄でのリゾートウエディングには少なくとも124,000人が参加し、223億円の景気後退をもたらしました。

(日本語訳。バナー写真©Pixta。)

READ  MANONは日本の新進気鋭のハイパーポップスターです